銀行員ネタ

【普通預金のメリットとは?】普通預金で効率よくお金を増やす2つの方法!

銀行の普通預金にお金を預けているという方は多いですよね。

でも・・・今は金利がとても低いので、ほとんど利息がつきません。

 

「金利が低いのにお金を預けているメリットあるのかな・・・」

「普通預金に入れているお金がもっと増えたらいいのに・・・」

このように普通預金の金利に不満を抱いている方は少なくありません。

 

そこで、今回は普通預金で効率よくお金を増やす方法を紹介します。

銀行や信用金庫などでお金が預けたままになっている方は、ぜひお金が増える仕組みを取り入れましょう!!

 

普通預金とは

普通預金を持っているけど、どのような預金なのか知らないという方は多いです。

実際に私自身も普通預金口座をいくつか保有していますが、銀行員になるまでほとんど知識がありませんでした。

そこで、まずは普通預金とは何か説明していきます。

 

普通預金の仕組み

普通預金は、お金を出し入れできる口座です。

キャッシュカードを作成すれば、ATMで簡単に入出金することもできます。

貯蓄目的で利用されている方もいますが、多くの方は給与の振込口座、クレジットカードや公共料金の引落口座などで利用されています。

1円以上1円単位で預け入れ可能、預入の期間もありません。

利息は年2回支払われます。(利払い日は金融機関によって異なります。)

 

普通預金のメリット

普通預金のメリットは、やはりお金の出し入れが自由にできる」ということです。

預けておかなければいけない期間が決まっていないので、一時的にお金を入れておくことも可能です。

また、引落口座に指定できるため、家賃やクレジットカード、光熱費などをわざわざ窓口に出向くことなく自動で引き落とすこともできます。

クレジットカードがあれば、金融機関の窓口が閉まっている時間帯でもATMでお金を出し入れすることができ便利です。

 

普通預金のデメリット

普通預金のデメリットは「金利の低さ」です。

せっかくお金を預けていても、ほとんど利息がつきません。

 

メモ

普通預金金利 0.001%

例えば100万円1年間預けた場合

100万円×0.001%=10円(税引前)

せっかく大きなお金を預けても、びっくりするほど利息がつきません。

正直、私も計算して驚きました!!

 

また、普通預金はペイオフの対象です。

ペイオフとは、お金を預けている金融機関が破綻した場合、預金保険機構によって1000万円とその利息しか保証されないというもの。

つまり、普通預金に1000万円を超える金額を預けている方にとっては、大きなリスクとなります。

 

メモ

ただし、無利息口座(利息がつかない口座)に変更すれば、全額が保証されます。(窓口で簡単に変更できます)

ペイオフのデメリットを回避するため、いくつかの金融機関にわけてお金を預ける方もいます。

 

普通預金の金利を高くする2つの方法

あなたは普通預金の金利をアップさせる方法を知っていますか?

普通預金口座を作成し、保有しているだけでは金利は低いままでほとんど増えません。

ただ、ちょっとした工夫をするだけで、今よりも金利を上げることが可能です。

 

ネット銀行は普通預金の金利が高い

簡単に普通預金の金利を上げるには、ネット銀行で普通預金口座を開設するのがおすすめです。

ネット銀行とは、じぶん銀行、楽天銀行、SBIネット銀行など。

基本的に、ネット銀行は店舗や窓口がなく、取引はインターネット上でお客さま自身が行います。

そのため、人員削減や経費削減ができ、その分を普通預金の金利を上乗せするという仕組みです。

 

ネット銀行の場合は、利用しにくいのではないかと心配される方もいますが、基本的には、メガバンクなどの普通預金と同じように利用できます。

キャッシュカードが発行できるので、ATMを利用すればお金の出し入れも簡単です。

また、振込手数料や時間外手数料が無料になるなどのサービスも用意されているので、お得に使うことができます。

 

あおぞら銀行BANK支店のように、本来店舗や窓口のある金融機関のネット取引専用口座を利用することで、金利を高くすることも可能です。

 

キャンペーンや優遇で普通預金の金利を上乗せ

金融機関によっては、普通預金の金利を通常よりも上乗せするキャンペーンや優遇を実施しているところもあります。

例えば、給与の振込口座に指定したり、インターネットバンキングを申し込んだりすることで、普通預金の金利をアップさせることも可能です。

また、決められた金額以上のお金を預けた場合に金利優遇が適応されたり、提携している証券口座を開設することで、普通預金金利が上乗せされたりするケースもあります。

 

注意

ただし、キャンペーンや優遇を利用する場合、上乗せ期間が限定されている場合もあるので注意が必要です。

例えば、1ヵ月のみ優遇、条件が満たされた場合のみ適応など、小さな文字で記載されていることもあるので細かくチェックするとよいでしょう。

 

普通預金の金利を100倍以上アップできることも!!

金利の高い金融機関にお金を預けることで、今より多くの利息を手に入れることができます。

 

メモ

メガバンクの普通預金金利は0.001%

ネット銀行の普通預金金利は0.10%以上のところも・・・(2020年11月時点)

 

もちろん、優遇の条件をクリアしなければ金利がアップされない場合もありますが、今より少しでも金利が高いほうがお金をより増やすことができます。

「普通預金のお金が預けたままもっと増えたらいいのに」と思われている方は、ぜひ普通預金を保有する金融機関の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

 

合わせて読む
初心者でも簡単!賢くお金を増やす方法を勉強しよう

  「お金を増やしたいけど、どのような方法があるのかわからない」 「知識がないから銀行の普 ...

続きを見る

 

 

 

-銀行員ネタ
-, , , ,

© 2021 元銀行員が教える「賢くお金を増やすブログ」