うちの旦那 ゴロオさん

使えない旦那の活用法 旦那を賢く使うための賢い言葉!!



使えない旦那の活用法
グータラしている旦那をいかに賢く使うか・・・
これは主婦にとって大きな悩みだ

世間では、イクメンが称されていているものの、
実際には、子育てで役に立たない旦那が多い

 

育児、家事は女の仕事
昔くさい考え方ではあるが、
その風習は根強く残っている

 

我が家の旦那、ゴロオもそうだ
ゴロゴログータラ・・・
基本的にはだらしがない

 

子供たちの面倒をみるのは、
自分の気持ちに余裕があるときと
鬼嫁に激怒された時ぐらいだ

 

子育ては夕方から一気に忙しくなる
子供たちが帰宅すると同時に戦争開始だ

 

学校の宿題
習い事の送り迎え
夕ご飯の支度
風呂・・・
とにかく母は慌ただしく動き回る

 

夕飯を終え、
風呂に入り終えたころにはぐったりだ

 

そんな中、
旦那のゴロオが帰宅
仕事をして疲れた・・・と言わんばかりの態度だ

 

挙句の果てには、
まるで温泉施設のように
自分だけ悠々自適に長風呂に入る

防水機能付きのスマホでもないくせに、
風呂に入りながらスマホをいじっている

 

この忙しいときに
長風呂しやがって!!
腹立つわ~
少しは子供たちの面倒見ろよ!!

こんな感じで
毎日腹を立てていたわけです

 

子供たちが寝るまでの支度は
母である自分がするものだとどこか決めつけていた私
そのため、夕方からはとにかく慌ただしい

 

少しくらいは旦那に動いてもらわないと
こっちが倒れそうだ・・・

 

そこで使えない旦那を賢く使う方法を思いついた
きっかけは、ちょっとしたことだった

 

習い事や宿題、夕飯でバタバタしていると、
旦那が帰宅した

子供たちは風呂に入っておらず、
夕飯の片付けもあるので子供たちは旦那と風呂へ

 

当然、子供のたちと風呂に入るので
日課であるスマホいじりをするわけにもいかない
長風呂男がすぐに風呂から出てきた

 

風呂から出た後は、
子供たちに何かとちょっかいをかけられが
グータラしているわけにはいかない
子供たちと遊ぶしかない

 

旦那が子供たちの相手をしている間、
私は自由の身となる
おかげで家事などがはかどる

 

こりゃいいぞ
何とも効率がいい
そう気づいた

 

子供たちの風呂は旦那に任せればいいんだ
どうせ風呂に入るんだし、
子供たちと入ればすぐに出てくるし
一石二鳥だ!!

 

使えない旦那は賢く使わないと損だな
使えない旦那を賢く使う妻こそが賢い妻だ

 

よしよし!!こりゃいいぞ!!
すっかり味を占めた
今までバタバタと風呂に入っていたが、
それ以降、風呂は旦那に任せることにした

 

旦那も風呂で子供たちと戯れ楽しんでいるようだ
最近では、率先して子供たちを風呂へと連れていく

 

あなたの担当になりました、と旦那に言ったわけではない
「まだ風呂に入っていないからよろしくね~」
さら~っと言って任せるのみ

決して強制しているわけではない
さら~っと言う・・・それが賢く旦那を使う賢い言葉でもある

 

子育ては旦那を賢く使うに限る!!
これが主婦の鉄則だな









-うちの旦那 ゴロオさん

© 2020 にこタイムズ