銀行生活でのあれこれ

女性行員が制服を好む理由 服装に色気は不要 下心のある女ほど服装に金をかける

累計700,000枚突破【エクスラリアプレミアム】

 

世間での銀行員のイメージは
スーツをビシッと着こなしている印象が強い
これは確かに当たっている

しかし、これは男性行員をイメージしたものが多く、
女性行員の印象となると話は違ってくる

 

では、世間でも女性の銀行員のイメージはどうだろうか・・・

 

銀行で働く女性のイメージとしては
スーツよりも制服を着ている印象のほうが強いのではないだろうか

 

女性行員に制服を貸与している銀行は多い
今は私服を推進している銀行も多くはなってきているが
やはり制服のイメージが強い

 

制服は便利だ
みんな同じ服装なので
あれこれ服に悩む必要がない
多少、服がインクなどで汚れたり傷んだとしても
さほど気にならない
制服は一種のトレードマークであり
制服を着ているだけでどこの銀行で働いているのかがわかる

 

制服をきて仕事をしていた頃は
それが当たり前だったので
制服があることのありがたさ気づかなかった

 

ところが、ある時期を境に
営業担当者への制服貸与が廃止され
スーツ着用が義務化された

 

面倒くさい・・・
仕事で毎日着るため、スーツを新たに新調
中に着るブラウスやシャツについても新たに数点買い足した

それほど服装にこだわりがなかったため
とにかくシンプルなものを用意した

 

「できる営業マンはいいスーツを着ている」
こんなフレーズをよく耳にするがそんなの関係ない
営業は外見ではない 人間の中身で勝負だ
そう思って仕事をしていた

 

ところがだ・・・
制服の貸与がなくなったことで
仕事以外での醜い争いが起こるようになった

 

スーツでの色気争いだ
仕事にやる気がない行員に限って
どうでもいいことを気にかける
男性行員に服装を褒められようものなら
とにかくうれしそうにしていた

 

ある行員は大きなフリフリの襟をつけたブラウスを着てきた
ある行員は全身真っ白のオシャレスーツ ボタンはピカピカ光っていた
ある行員は胸元が大きくあいたブラウス かなり深いスリットの入ったスカート
まるで夜のお店のような姿だった

 

それをみるたびに
シンプルに大人しくしていればいいのに・・・と思っていた私
そんなことで競い合うなんて面倒くさい・・・
もっと他のことでかんばればいいのに・・・と思っていた

 

彼女たちの服装をみておもしろくないのはパートさんたちだ
色気なんて出しているんじゃない
ちやほやされて気分がいいのかしら・・・など
とにかく批判炸裂だ

 

一方、シンプルすぎる私は
パートさんたちの標的となることはなく、文句の聞き役
対抗してもっと派手はスーツにしてぎゃふんと言わせてやりなよ、などと言われる始末

 

面倒くさい
こういう醜い女の争いは一番嫌いだ

 

だいだい、スーツで商品を売るわけではないので
当たり障りのないシンプルなスーツでいいのだ
本来の仕事に色気は必要ない
制服を着用していた時はこんな哀れな競い合いはなかったのに・・・

 

制服が一番いい
何も気にせず、みんな同じ服装
服装選びは面倒だ
お客さまからも制服を着ていれば、どこの銀行員なのか察しがつくので不審がられることも少ない
制服のメリットは大きい
だからこそ、女性銀行員は制服を好むことが多いのだ

 

もし、あなたが仕事でスーツを着ているのなら
可もなく不可もない、シンプルなスーツをおススメする
そのほうが周りから批判されることもなく
仕事もスムーズにこなしていける
普通でいい 服装は普通が一番いいのだ

 

ベストオブコスメ 第1位

 

 おいしく続けられる !!

-銀行生活でのあれこれ

© 2020 にこタイムズ