子どもたちのあれこれ

ういろを置き忘れてきたお兄ちゃん② 食べ物の恨みはホントに恐ろしい!!

大好物のういろを購入し
食べるのを楽しみに家に帰ってきたゴロコファミリー

そんなゴロコファミリーに
大悲劇が襲いました・・・

 

 

「ういろ!ういろ!早く食べたい」
ういろコールをする子供たち

 

「そういえば、ういろはどこにある?」

「・・・・・・・・」

ゴロオさんのその言葉にヒヤッとした私・・・

 

「え?あんたが手提げかばんに入れたんじゃないの?」
「え?入れてないけど・・・」

どんどん血の気が引いていく・・・

 

ういろ屋のおばちゃんから
ういろを受け取ったお兄ちゃん
確かにその手にはういろがあった・・・

 

その後の行方は・・・
そういえばそれ以降、
ういろの袋をみた記憶がない・・・

 

慌てて手提げ袋を確認する私・・・
一連の会話をきいて凍り付いている子供たち・・・
どうか袋に入っていて~~!!

 

その願いむなしく、愛しのういろの姿はない

 

ガーン・・・
Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

私の顔みてその状況を察知した娘・・・
「なんでないの~」と泣き叫ぶ
そりゃそうだよね
食べるのをものすごく楽しみにしていたもんね・・・
お兄ちゃんの目にも涙が・・・

 

これはえらいことになった・・・
ういろはいったい何処へ・・・

 

お兄ちゃんに確認する
「休憩したときに椅子に置いてそれからは知らないよ」

 

え?お兄ちゃん、なんて言った?
椅子に置いてきた~!?

 

うっそ~!!!!!
衝撃が走った・・・

 

そうなんです
喉が渇いたというので
途中でフードコートへ立ち寄り
飲み物を飲んで休憩したんです

 

「あれはういろだったのか!!」
ゴロオが叫ぶ
「近くの椅子に袋がちょこんと置いてあり
何だろう、ゴミかなって思ったんだよね」

 

アホか!!
それがういろだったんだ!
なぜそこで確認しなかったんだ!!
ゴロオを責める私

 

「買ったものを子供に持たせたおまえが悪い」
今度は私のせいにするゴロオ

 

「いや、お兄ちゃんが責任もってしっかり持っていなかったのが悪い」
「だってママが持つとおもったんだもん」

罪のなすりつけ合いが始まった・・・

 

「ういろ食べたかった~ ういろがない~」
大声で泣き叫び倒れこむ娘・・・
もう収集がつかない・・・

 

「もう、お兄ちゃんのせいだし
お兄ちゃんがちゃんと持っていなかったから
椅子に忘れてきちゃったんだし」

泣き止んだと思ったら突然ムクッと起き
兄に向って鬼のような顔をして怒る娘

その顔をみて思わず笑ってしまった私

 

娘の説教はさらに続く
「せっかく食べようと思って
いくつに切るか考えてたのに
お兄ちゃんのせいで切れないし食べれないじゃん
私のういろ返してよね」

 

下の妹にとにかく怒られまくるお兄ちゃん
そして大好きなういろが食べられなくて
ショックを受けているお兄ちゃん・・・

 

まぁ、みんなで確認しなかったから仕方ないね
次からは気を付けよう
今回のことはいい勉強になったね

 

みんなで反省し終わりになるかと思いきや

「ういろ食べれないのはお兄ちゃんのせいだし」

とにかく寝るまで言い続けた娘・・・
食いしん坊の娘にとって
ういろが食べられたなったことは
よほど腹立たしかったのだろう

 

ういろが食べられなくて残念と思った以上に
食べ物の恨みは恐ろしい・・・と思ったゴロコでした

【POLA】B.Aの5品ベーシックセット



-子どもたちのあれこれ

© 2020 にこタイムズ