セールス活動 営業スキル

最低レベルだった銀行員のトップセールス話法② 冒険と守りのリスク分散

お金の色分けをすると、
長期的に使わない資産
中期的に使わない資産が浮かび上がってくる

 

特に、運用を初めて検討されるお客さまの場合、
おそらく使わないであろうが、
もしものことがあるかもしれないという思いが強い

同様に、すでに運用を経験しているお客さまに至っても
銀行に預けている資金については
冒険せず安定を求めるお客さまが多い

 

その場合、過去のデータから比較的安定的なものを選択し提案したり
保証や保障のついた商品を提案するのもひとつだ

 

今は多くの人が投資を行っているような時代だ
運用を検討する以上、やはり期待感を持って賭けてみたいと思う
その反面、大切なお金が目減りすのは恐いという恐怖心がある

 

そんなときに私が提案するのは
リスク分散だ

 

全額を同一商品で固めるのではなく、
カテゴリーの違う商品を組み合わせて運用する
冒険を楽しむ投資、守りを固めながら運用していく投資
この二つを組み合わせて運用することで
リスクヘッジを行う

 

分散することで
お客さま自身も何となく心に余裕ができる

 

運用はやってみないとわからない
お客さまも保有して初めて投資というものがわかる
商品をしっかりと理解する
運用をすることで
自分に合った運用スタイルや商品をみつけることができるのだ

 

銀行員はあくまでその扉を開くにすぎない
投資金額が少額だろうと関係ない
お客さまに提案できること、
自分の提案をきき契約してもらえることに喜びを感じたらいいと思う

 

いくつもの商品を提案し、クロージングすることは
面倒だと思う行員もいるだろう
確かに、仕事の負荷は大きくなる
でも、営業という仕事の原点とは何かということを常に考えてほしい

 

営業という仕事は
自分ではなくお客さま目線で行うものだ
自分の利益ばかりを追求していても、
営業では勝てない

 

お客さまのニーズに応えてこそ支持される
例え契約に至らなかったお客さまでも
少額の契約しかしてくれなかったとしても
大切なお客さまであることはかわりない

 

お客さまの目線にたって
ニーズに応えていくことが必要なんだと思う

 

一人一人のお客さまを大切にすることで
ミラクルなことが起こることもある
先のことなんて予測できないのだから
今、自分がお客さまにできることをやることが大切だと思う

 

複数商品での運用を一度提案してみてほしい
お客さまは運用したいという反面、
リスクを恐れている
恐くてなかなか先に進めない

それなら、リスクをわけて運用することを提案してみたらいい
楽しむ部分と守りを固める部分
その両方での運用を提案する
この提案方法はけっこうヒットするはずだ

売れてます!!↓↓↓

 

世界が認めた品質!!

 

-セールス活動, 営業スキル

© 2020 にこタイムズ