ゴロコのつぶやき

高級トイレットペーパーが売れるワケ 私のお尻が実証しました



高級トイレットペーパーが売れるワケ
そのワケを自分の尻で解明した

 

トイレットペーパーは生活に欠かせない日用品だ
トイレットペーパーにも様々は種類があり、
同じロール数であっても値段に差がある

 

そりゃ、値段の高いほうがいいに決まっている
素材や肌ざわりは高いほうが絶対にいい

でも、どうせ使ったら捨ててしまうもの
そんなものに高い金額を費やすのは馬鹿げている

 

だから、
トイレットペーパーなんて安くて十分
どうせ使ってすぐに捨てるものだから
きれいに拭けさえすればそれでいい
長い間、ずっとそう思っていた

 

トイレットペーパーを選ぶポイントは、
安くて量の多い物
それでいいと思っていた

 

値段の高い高級トイレットペーパーを買っている人をみると
「この人は、金持ちだな」
そう思っていた

 

ところが・・
あることをきっかけに
トイレットペーパーに対する考え方が大きくかわることとなった

 

トイレットペーパの違いが敏感にわかるようになった
そして、この私が値段の高いトイレットペーパーを買うようになった

 

「痛い!!」
「こんなのダメだ!」

 

今まで使っていた激安のトイレットペーパー
このトイレットペーパーが適さないお尻になった

 

3人目の子供を出産した時のことだ
出産時に会陰切開し、さらに痔が出てしまった

 

上の2人の時も、もちろん同じ状況だったのだが、
年齢がまだ若かったこともあり、
さほど気にならなかったのだが・・・

 

安いトイレットペーパーを使ったところ、
傷口と痔がティッシュでこすれて痛みが!!
思わず悲鳴が上がってしまった

 

とにかく硬い
そしてガサガサしている
これじゃだめだ・・・

 

安いトイレットペーパーに対して拒絶反応が起きた

慌てて高級トイレットペーパーへと変更

 

やわらかい紙質
ふわふわとした感触で傷口が痛くない
これは快適だ!!
そう実感した

 

こんなにもトイレットペーパーに違いがあるなんて!!
違いがあることは知っていたが、
自分のお尻でこんなにも違いを感じたのは初めてだった

 

なるほどね・・・
高級トイレットペーパが売れるわけだ
これしか受け付けないお尻の人が多いわけだ

 

一度、値段の高いトイレットペーパーに慣れてしまうと
激安のトイレットペーパーにはなかなか戻れない
激安のトイレットペーパーはもはやトイレットペーパーではない
トイレットペーパーというよりもただの紙だ

 

ガサガサ、ゴワゴワ
非常に肌さわりが悪い
拭いたときに擦れる感じがする

 

なるほどね
高級トイレットペーパーが売れるわけだ

 

使って捨ててしまうものではあるが、
毎日使うものだ
使って不快になるよりも、
使って快適になるほうがいい

 

く~!!
高い尻になったな・・・
トイレットペーパーの違いがわかる尻になってしまった
厄介な尻になったもんだな・・・







-ゴロコのつぶやき

© 2020 にこタイムズ