子供のお金 子育て

子供のためにお金を貯めたい。銀行で子供のお金を貯める方法と注意点

赤ちゃんが生まれたら、子供のためにお金を貯めてあげたいと思っている方も多いのではないでしょうか。そこで、銀行などの金融機関で子供のためにお金を貯める方法と注意点を紹介していきます。

子供のお金を貯める方法

子供にお金を貯める方法は大きくわけて2つです。

お金で貯める方法と保険で蓄える方法です。

お金で貯める方法でわかりやすいのは、貯金です。

例えば、貯金箱にお金を貯めていったり、銀行にお金を預けたりする方法(貯蓄)があります。

一方、保険で蓄える方法とは、簡単に言うと万が一のときや将来のために備えるというものです。

 

銀行での貯蓄がおすすめな人はどんな人?

私はもともと銀行で働いていたのですが、子供のために銀行にお金を預けに来る人はけっこう多いです。

通帳があれば、簡単にお金を預けることができるので楽ですし、何よりもわかりやすい。

通帳を見れば、いくら貯まっているのかがすぐにわかります。

そのため、わかりやすく子供のお金を貯めていきたい方には、銀行での貯蓄がおすすめです。

銀行に子供のお金を預けておけば、盗難対策にもなるので安心です。

銀行で子供のため貯蓄していく方法

銀行や信用金庫などで通帳を持っている方は多いですよね。

貯め方としては大人と同じで、普通預金にお金を預ける方法と定期預金に入れていく方法があります。

お金が貯まったときに気軽に通帳に貯めていきたいという場合は、普通預金がおすすめです。

普通預金のいいところは、気軽に出し入れできるところです。

一方、ある程度まとまったお金を長期的に預ける場合は定期預金がいいですね。定期預金のようが、普通預金よりも金利がいいです。

ただ、今は低金利なので、金利でたくさんお金が増えるということはありません。

預ける金額によって増える金額は異なりますが、普通預金はほとんどない、定期はちょっとだけある、という感覚です。

また、定期預金の中には、自動積立預金というものがあります。

これは、毎月決まったお金を貯めていくもので、意識して子供の貯蓄しようという方がやられるケースが多いです。

例えば、子供が生まれると児童手当がもらえるので、その分を自動積立で貯めていくというのもいいですよ。月1万円ずつ貯めるというのもおすすめです。

もちろん、金額は後から変更することができます、余裕があれば、金額を増やすのもよいでしょう。

 

子供のために貯蓄するなら、キャッシュカードは作らない

普通預金の通帳は、キャッシュカードを作成することができます。

キャッシュカードは、ATMで通帳がなくてもお金の出し入れなどができるので便利ですよね。

でも、子供のためにお金を貯める!貯めたお金は出さない!という気持ちがある場合は、キャッシュカードを作成しないほうがいいです。

なぜなら、キャッシュカードがあると、簡単に通帳に入っているお金を引き出すことができます。普通預金とリンクしている定期預金もATMで解約できてしまうケースもあります。

キャッシュカードを使わずに保管しておくと、紛失してしまうこともあるので、使う予定がないなら作らないほうがいいです。

キャッシュカードは後からでも作成できるので、必要になったら作ればいいと思います。

銀行で子供の貯蓄をするときの注意点

これから子供のために銀行で貯蓄していこうかな、と思われている方にはぜひ知っておいていただきたいことがあります。

それは、子供の名前で通帳を作ることが大切だということです。

銀行などの金融機関で子供の貯金を始める場合は、子供の名前でまず通帳を作ってあげましょう。

なんで?親名義の通帳ではダメなの?と疑問に思われる方もいるかと思いますが、ダメです。

なぜかと言うと、通帳に入っているお金は、あくまで通帳に記されている人のものという考え方をします。

もちろん、貯めている親としては、自分名義の通帳であっても、これは子供のものだとしっかりと分別していると思うのですが、銀行では、いくら子供のために貯めたお金だと言われても、通帳の名義が違った場合は認めてもらうことができません。

どういう時に困るかというと、子供が将来大きくなった時に困ることが多いです。

例えば、子供が成人したときに、これまで子供のためにお金を貯めてきた通帳を渡される親御さんもいます。

結婚資金や車の購入、住宅資金などで子供がそのお金を使おうとしたときに、窓口で名前が違うのでお金を出すことができません、と断られてしまうのです。

そういったトラブルを避けるために、最初から子供の名前で通帳を作成しておくことが大切です。

子供の名前で通帳を作成するときは、子供の保険証や医療受給者証などが必要になります。

事前に必要なものを確認しておくといいですよ。

赤ちゃんの肌にやさしい洗剤です↓

これ、おすすめです↓

-子供のお金, 子育て
-, , , ,

© 2020 にこタイムズ