我が家での事件

襲撃された こりゃたまらん!! 〇〇退治を決意した私



我が家が襲撃された
何とも恐ろしい奴らだ

夜中、寝静まった頃を見計らい
一気に攻撃!!
無抵抗であればあるほど被害はデカい

 

その結果・・・

 

「かゆい・・・」
「あっちもこっちも痒い・・・」

一か所だけに留まらず
身体の複数個所がとにかくかゆい・・・

 

とくに痒みが強いのが腕
よくみると、プツプツと明らかに虫に刺された形跡が!!

 

「なにこれ?」
「蚊?」

 

慌てて蚊取りマットのスイッチオン
やられた!!
気づかないうちに入り込んでたな!!
そう思っていた

 

ところが・・・
翌日、再び・・・

 

「かゆい・・・」
「こっちもあっちもとにかく痒い・・・」

 

翌朝、起床した私
恐ろしいほどのかゆみが押し寄せてきた

 

かゆい箇所を確認すると、
やっぱり刺された形跡!!

 

蚊取りマット点けて寝たのにどういうこと~?
壊れてるの?
刺されたことを蚊取りマットのせいにする私

 

しかし・・・

「かゆい!!」
「ママ~、刺された!!」

 

子供たちにまで被害が拡大!!
私だけでなく子供たちもプツプツと数か所さされている

 

これはおかしい!!
子供たちまで刺されているなんて・・・

 

そういえば、蚊に刺されたときの痕とは何だか違う
近距離に刺し痕が・・・

 

もしや!!
ダニ!?

げ~!!
まさかのダニだ
おそらくダニに刺された痕だ

 

この季節、5月~9月は
一気にダニが繁殖し猛威を奮う時期

こまめに掃除機をかけているつもりだが、
子供たちがホコリの被ったおもちゃで遊んだり、
バタバタを走り回ったりしてホコリが舞い上がる

しかも畳の家に布団を敷いて寝ている私たち
布団や畳にはダニが大量に生息しているに違いない

 

通常、ダニは家庭のどこにでも生息しているもので、
ダニが一匹もいない家など存在しないはずだ
人間とダニは共存している

 

家にいるダニの7割~9割はヒョウダニ類であり、
死骸やフンがアレルゲンになるのだが、
これらのダニは人を刺さないらしい

 

私たちを刺した犯人がダニであれば、
犯人はイエダニかツメダニだ

 

困ったぞ~
寝ている間に自分の身体にダニがくっつき、
ダニに襲われているかと思うとぞっとする
肉眼では確認できない相手に好き放題やられているのだ
無抵抗の人間に容赦ない

 

ならば、反撃だ
毎日ダニに刺されるなんてとんでもない
すぐさま、ダニ退治を決行した私

 

まずは布団を天日干し
畳の隅々まで掃除機をかけた
そして最終兵器を手にいれるため近所の薬局へ直行
ダニ対策コーナーでダニ駆除スプレーを買ってきた

 

【おまけつき】ダニがいなくなるスプレーN 300mL 【金鳥 KINCHO】( ダニ スプレー 駆除 退治 ふとん まくら たたみ サッサ)

価格:698円
(2019/5/28 19:21時点)

子供たちがいるため、
まずは皮膚アレルギーテスト済みの
寝具や畳、ソファーにスプレーするダニ駆除スプレーで様子見することに

 

シュッシュ・・・
シュッシュ・・・
ダニよ、いなくなれ・・・
ダニよ、いなくなれ・・・
そう念じながらそこら中にスプレーした私

 

果たしてその願いは通じるか・・・
ダニに刺されずに過ごせることを祈るばかりだ









-我が家での事件

© 2020 にこタイムズ