子どもたちのあれこれ

新学期始業式 気になる子供の担任&クラス発表 運命の結果は・・・



新学期を迎えた小学生の息子
新2年生になった

今度は何組かな・・・
クラスには仲のいい友達はいるかな
先生は誰かな・・・
ドキドキしながら登校していった

 

いい先生でありますように
仲のいい子と同じクラスでありますように
息子以上にドキドキしていたのは親の私だ

学校の担任の先生は選べない
クラスの仲間も選べない
こればかりは運だ
当たりを引くか、ハズレを引くかは子供の運にかかっている

 

当たりを引いてこい!!
そんな思いで登校する息子を送り出した

 

子供にとって、担任の先生の影響力は非常に大きい
低学年であればあるほどその影響力は大きくなる

先生の醸し出す雰囲気がクラスカラーにもなる
学校を楽しいと思うか、楽しくないと思うかは、
担任の先生の裁量一つで変わってくることも多い

 

だからこそ、親としては、
できるだけ経験豊富で評価の高い先生に担任してもらいたい
息子のことをきちんとサポートしてくれる先生であってほしいと願う

 

在籍するクラス構成についても親としては心配だ
息子が楽しく学校生活を送れるよう、
仲の良い子と同じクラスであってほしい
評判の悪い子とは違うクラスであってほしい
そんなことを願う

 

そわそわしながら息子の帰るを待つ
気になって仕方がない・・・

 

「ただいま~」
息子が元気に帰ってきた

その様子にひとまずほっとした私
元気に登校し、元気に帰ってきた
まずは、はなまる

 

続いてクラスは発表・・・
「2組だった~」
どうやら1組という響きがよかったらしく
どうでもいいところで凹む息子

2組でいいんだ
2組ではなまるだ!!

 

運命の担任発表!!
「〇〇先生だった」

「ん?初めて聞く名前だぞ」
「男の先生?」

「そう・・・」
「1組は△△先生だった~・・・」
とにかく残念がる息子

 

△△先生は、1年生の時の担任の先生
息子も先生を慕っていたし、
親の私もいい先生だと感じていた

「え~!!」
「△△先生、1組の担任の先生なの?」
息子と同じくショックを受ける私

今度の担任の先生がどんな先生なのかを聞きよりも
1年生の担任の先生が他のクラスの担任だったことにショックだった

 

そして、クラス構成!!
「A君・B君・C君と同じだったけど、あとはみんなバラバラ・・・」
何となくショックを受けている息子
特に仲良くしていた友達は残念なことに他のクラスだった

「1年のクラスのみんな全員といっしょがよかったな・・・」
そう言って残念がる息子

1年生のクラスはみんなが仲良しだったもんね
息子にとっても居心地のよい仲間だったのだろう
息子の発言に思わずほっこりした

 

配布された学年通信に各クラスのクラス名簿が記されていた!!
すぐさまチェック!!

 

なるほど・・・
なるほどそうきたか・・・

どのクラスもどっこいどっこい
うまいこと振り分けられていた

 

このクラスでうまくやっていくしかない!!
このクラスで友達をたくさん作ってこい!!
そう息子の背中を押した

 

ところで、一番重要な担任の先生はいったいどんな人なのだろうか・・・

「眼鏡で若くない感じの男の先生」
「元気はある」
息子からの情報はたったのこれだけ・・・

 

「え?どんな先生?」
まったく想像できない・・・
いったいどんな先生なんだ・・・
新学期早々、謎に包まれてしまった

どんな先生なのかはよくわからないが、
とにかく担任の先生よ、息子を頼むよ
いい先生であってくれ~!!
そう思うゴロコ母さんでした







飲むだけ簡単ダイエット【重ね発酵ハーブ茶】


-子どもたちのあれこれ

© 2020 にこタイムズ