生活アイディア

コロナウイルスの影響で学校が休校に!子供との過ごし方を考えよう

安倍首相が公立小中高の休校を表明

コロナウイルスの拡大を懸念し、3月2日から公立小中高や特別支援学校の休校が表明されました。このニュースをきき、世の中のママは大慌てしていることでしょう。子供が春休みが明けるまで家にいる!!コロナウイルスの感染に不安を抱きながら子供を学校へ通わせなくてもいいという安心感はあるけれど、いざ学校が休みになると子供の面倒をどうしたらいいのか困ってしまう人も多いはず。そこで、休校時の子供との過ごし方について紹介します。

 

仕事をしている人は、会社に相談したり両親に子供を預けたりしよう

子供が通っている学校の休校が決まったけど、仕事が休めなくて困っている人もいるのではないでしょうか。そのような時は、まず会社で休みがもらえるかどうか相談してみるとよいでしょう。同じように子育て中のママが働いている職場もたくさんあります。特別に休みをもらえたり、テレワークに切り替えるなどの対策がなされるところもあるでしょう。もちろん、どうしても仕事が休めない人もいるはずです。その場合は、両親に子供の面倒をお願いするのも一つの方法です。長期的な休みになるため、近くにいる両親だけなく、遠方に住んでいる両親を頼るのもよいでしょう。旦那さんにも協力してもらい、このピンチを乗り越えましょう。

 

家で子供に勉強を教えよう

休校措置が表明されなければ、春休み前まで子供たちは学校で授業を受けていたはずです。そのため、家にいる間、テレビを見てゴロゴロするのではなく、学校と同じように勉強する時間を設けることも大切です。例えば、今まで学校で勉強してきた漢字などを復習したり、これから勉強するはずだったところをテキストを使って勉強したりするのもおすすめです。総復習の問題集を本屋さんで買ってくるのもいいでしょう。勉強する時間を設けることで、メリハリのある生活をすることができます。

 

食料を蓄えておこう

コロナウイルスの感染を予防するために、極力外出は控えたほうがよいでしょう。とはいえ、子供がいると食事のことを考えなければなりません。毎日のお昼ごはんをどうしよう・・・と悩む人もいるでしょう。そのため、食料を備蓄しておくことも大切です。例えば、レトルト食品を買い込んでおいたり、乾麺などをストックしておくとよいでしょう。チンして食べられるごはんなんかもあると便利です。買いだめして乗り切りましょう。

 

子供と過ごせる時間を大切にしよう

学校が休校になったことで、子供と過ごす時間を増やすことができます。学校や習い事でバタバタした日を過ごし、子供とゆっくり過ごす時間がなかなか確保できなかった人もいるはずです。そんな方には、ラッキーチャンスなのかもしれません。子供と過ごす時間が増えることで、子供とゆっくり話してみるのもおすすめです。家の中で、いっしょにゲームなどをして、楽しい時間を過ごすのもよいでしょう。せっかく休校になったのですから、子供との時間を大切にしたいものですね。





-生活アイディア

© 2020 にこタイムズ