退職 銀行生活でのあれこれ

これから退職する方必見!!旦那の扶養に入るために私が用意した必要書類

そろそろ準備始めましょ!!

世界であなただけの贈り物!!

CM放映の今話題の魔法の水!!売れてます!!

 

女性が退職する場合、
夫の扶養に入ることを検討する人は多い

当然、扶養に入るためにはいくつかの条件があるため、
夫の扶養に入ることを検討する場合は
あらかじめしっかりと調べることが必要だ

 

特に失業手当の受給を受け取る場合は
手続きがややこしくなるため注意が必要だ

 

私の場合、退職後すぐに夫の扶養に入る手続きをした
そのため、スムーズに手続きができるよう、
事前にいくつか書類を用意しておく必要があった

 

書類の中には事前に準備できるものがいくつかあるので
扶養に入ることが決まっている場合、
あらかじめ夫の会社へその旨を連絡しておくといいだろう

 

会社によって必要書類が異なる場合があるが、
基本的に必要となる書類は以下のものだ

①健康保険被扶養者異動届
②国民年金第3号資格取得届
③年金手帳のコピー(基礎年金番号ページ)
④健康保険・厚生年金資格喪失証明書

基本的に①②の書類については夫の会社から用意してもらえる場合が多い
④については勤めていた会社から証明書を発行してもらう必要がある

 

退職後5日以内に手続きを行うこととなっているが、
実際には④の書類は資格喪失後に発行されるものであるため、
書類が手元に届くのに時間がかかる場合がある

その場合、健康保険や年金保険についてのブランクが生じ、
個別で支払う必要があるのではないか、と心配になる

実際には、私が調べたところ、
扶養に入ることが決まっている場合は
国民健康保険や国民年金に加入する必要がないとのことだ
(ただし、この件についてはミスがないようにするため、
 自身でも役所に問い合わせし再確認することをおススメする)

 

仮に、手続きが間に合わない状態で病院を受診した場合、
一旦は全額負担となってしまうが、
夫の会社への扶養手続きが完了した段階で
保険は退職日の翌日からの適用となる
そのため、返金手続きをすることで負担額が戻ってくるので安心だ

 

扶養となる会社への書類が整い次第、
速やかに書類を提出する
あとは、会社の総務担当が処理してくれるので
その完了を待つのみだ

 

数日後、新たな保険証が手元に届くので、
病院を受診する際には、
病院側からの確認もあるかと思うが保険証の変更を申し出る必要がある

 

扶養に入るといってもやはり必要なステップがいくつかある
夫の会社側に任せればいいかと安易に考えがちではあるが
それは大きな間違いだ!!
自分で申請して取り寄せる書類もあるので
事前に準備しておくこと、知識を身に着けておくことがやはり大切である

 

あなただけのステキなプレゼントを贈ろう!!

そろそろ準備始めましょ!!

CM放映中のあの話題の水!!すごいよ!!

新発想のスキンケアが大注目!!

-退職, 銀行生活でのあれこれ

© 2020 にこタイムズ