つぶやき 豆知識

産後にシミが増えて濃くなった シミの原因と今すぐできるシミ対策 

妊娠出産後にシミやそばかすが増えたと感じていませんか?

以前よりもシミが濃くなって悩んでいませんか?

妊娠中や出産後に肌トラブルに悩まされることは多いですが、私はシミが増えるだけでなく濃くなってしまい困っています。

そこで、シミができる原因と気になるシミを目立たなくする方法を紹介します。

シミが気になる方は、ぜひ私といっしょにシミ対策をしていきましょう!!

 

気づいたら「シミ」や「そばかす」が増えて濃くなっていた!!

出産後、ふと鏡で自分の顔を見たところ・・・

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

シミやそばかすが増えただけでなく、出産前からあったものが濃くなっていました。

慌てて顔を洗顔で洗いシミを擦ってみましたが、全く薄くなりません。

そして、私には3人の子供がいますが、子供を産むたびにシミが増えていきました。

そんな私の顔は、シミだらけ。

もともと肌が白いため、シミやそばかすがかなり目立ちます。

鏡をみるたびに、何とかならないだろうか・・・と悩んでいます。

 

 

どうして妊娠出産後に「シミ」や「そばかす」が増えるの?

どうして妊娠出産後にシミやそばかすが急激に増えてしまうのでしょうか・・・

妊娠出産後にシミやそばかすできやすくなる原因は、女性ホルモンの変化が影響しています。

女性ホルモンに含まれる「エストロゲン」がメラニン生成細胞を刺激するため、シミができやすくなります。

また、産後は寝不足などでホルモンバランスが乱れ肌荒れしやすいです。

そのため、肌荒れしたところが黒ずんでしまいシミになってしまうことも少なくありません。

 

 

気になるシミの種類は1つじゃない

見た目は同じシミなのですが、実はシミにはさまざまな種類があります。

そこで、シミの種類を紹介します。

 

老人性色素班(日光性黒子)

シミの中で一番多いのが、老人性色素班です。

これは、今まで浴びてきた紫外線によってできてしまったシミです。

頬やこめかみ、手の甲など紫外線を浴びやすいところにできているのが特徴です。

年を重ねるたびに濃くなっていきます。

 

炎症後色素沈着

ニキビや傷、虫刺などの炎症後に起こりやすいです。

例えば、赤みが引いた後に黒ずんでしまった場合は、このタイプになります。

ニキビや傷が治りかけてくると、痒いですよね。

痒みを我慢できず掻いたり触ったりしてしまうと、シミになってしまうことも多いです。

蚊に刺された部分を掻きむしってしまうと、シミになってしまうかもしれないので気をつけましょう。

 

肝斑(かんぱん)

左右の頬骨あたりにもやもやとした茶褐色のシミのことです。

ホルモンバランスの乱れによってできてしまいます。

ストレスの影響で濃くなることも少なくありません。

特に30代から50代の女性にできるシミです。

 

そばかす

そばかすは、遺伝的な要因でできるシミです。

鼻周辺にできている小さな斑点がそばかすです。

そばかすは、紫外線を浴びることで濃くなります。

 

 

今すぐできるシミ対策

シミが消えたらいいのに・・・と思いませんか?

そこで、今すぐできるシミ対策を考えていきましょう。

 

紫外線対策を徹底しよう!!

シミを防ぐには、紫外線対策は必須です。

肌を露出している部分は紫外線の影響を受けやすいので、しっかりと日焼け止めを塗るようにしましょう。

夏場だけ日焼け止めを塗っているという方もいるかと思いますが、それだけではシミを防ぐことはできません。

紫外線は、オールシーズン対策することが大切です。

洗濯物を外に干すときなどちょっと外に出るだけでも紫外線の影響を受けてしまいます。

そのため、外に出るときは必ず日焼け止めを塗って肌をガードしましょう。

 

肌のスキンケアをしっかりと!!

子育てをしていると、自分のことが後回しになってしまうことが多いです。

そのため、肌荒れを引き起こしやすくなってしまいます。

例えば、お風呂上り後のスキンケアを後回しにしていませんか?

洗顔後、すぐに肌ケアをしないと肌が乾燥しボロボロになってしまうことも少なくありません。

そのため、肌のスキンケアをしっかりとしましょう。

ぱぱっと使えるスキンケア商品を用意しておくのがおすすめです。

また、日焼けした後や乾燥していると感じたときには、肌を保湿するようにしましょう。

 

サプリメントでシミを防ぐ

シミをより早く目立たなくしたい場合やシミ予防として専用のサプリメントを飲むという方法もあります。

シミの大敵であるメラニン色素を抑制したり、肌に残っているメラニン色素を排出したりする効果があるものを取り入れることでシミを目立たなくすることができるかもしれません。

食生活では補えきれないビタミンなどを摂取でき、シミ対策をすることができます。

 

ストレスを溜め込まない

ストレスを溜め込むと、ホルモンバランスが乱れやすくなります。

女性ホルモンの乱れはシミができる原因なので、ストレスを発散するようにしましょう。

例えば、子供の面倒をパパにお願いし、1人で気分転換に出かけるのもおすすめです。

ストレッチなどの運動を取り入れ身体をすっきりさせるのも効果的です。

また、赤ちゃんのお世話をしていると、睡眠不足になりがちです。

睡眠時間が確保できないと、イライラしたり涙もろくなったりするのでしっかりと寝ることも必要です。

疲れているときはムリせず、家族に協力してもらって休ませてもらうのもよいでしょう。

 

1分でシミ対策をして美肌を手に入れよう

シミ対策をすることで、シミが増えるのを防ぐだけでなく目立たなくすることができます。

何もしなければ、どんどんシミは増えていきます。

だからこそ、今からできることを始めてみましょう。

日焼け止めや肌の保湿は1分あればできます。

サプリメントを飲む場合は、数秒で飲めます。

簡単にできるシミ対策を徹底することで、シミの悩みを少しずつ解消できるかもしれません。

自分の顔を鏡でみるたびにシミが気になるので、私はシミ対策を始めました。

ぜひ、いっしょにシミ対策をしていきましょう!!

 

 

-つぶやき, 豆知識
-, , , ,

© 2020 にこタイムズ