我が家での事件

悪いのはママです 子供の宝物を壊してしまった!!ごめんなさ~い



「あ~、危ないな~」
「このままだと絶対やらかすな~」

そう思っていたのに・・・
そう思っていたのに防げなかった私の大失敗

 

危険を察知していたのに
どうしてあの時すぐに行動に移さなかったのだろうか・・・
起こってしまった悲劇が悔やまれて悔やまれて仕方ない

 

予期せぬ悲劇ならともかく、
事前の行動ひとつで防ぐことのできた悲劇は
何とも悲惨だ・・・

加えて、他の人の失敗でなく
自分自らの失敗であることも情けない

 

ほんの一瞬の気の緩みが、
悲しい悲劇を引き起こした

 

今年の1月に水筒デビューした2歳の息子
息子にはまだサイズが大きめではあったが、
スケーターのキャラクターの直飲みプラスチック水筒(480ml)にした

 

水筒購入にあたり、
100均の子供用のキャラクター水筒も検討した
しかし、上の子供たちで耐久性が弱いことを痛感していたため
まだ一人で持つには大きいが今後を見据えてスケーターの水筒に決めた

 

水筒のお茶を飲むことが好きで、
お兄ちゃんの水筒のお茶を隠れ飲みしてはニヤニヤしていたチビ

 

念願の自分の水筒ができ大喜び
お気に入りでどこへ行くにも水筒を首からぶら下げ持ち歩いた
家の中での喉が渇けば自分で水筒のお茶を飲み
水筒のおかげで自立した水筒生活を満喫していた

そんなチビの宝物である水筒を
母親であるこの私がちょっとした失敗で壊してしまった・・・

 

水筒を洗おうと、
流し台の横に何気なく置いてしまった私

流し台の上にポツンと置いてある水筒をみて、
これが何かの拍子に床に落ちたら壊れるだろうな・・・
そう直感した

 

「あ~危ないな・・・」
「このままだと絶対に誰かがやらかすな~・・・」

自分ではなく、他の誰かが水筒を床に落としかねない、
そう危機感を覚えた

 

ところが・・・
そんなアホな初歩的失敗をしでかしたのは、
あろうことかこの私

 

食器を洗っているときに
自分の肘が水筒にコツンと当たった
同時に、水筒が床へと落ちてしまった

 

「ぎゃ~!!」
慌てて水筒を拾い上げたが・・・
信じられない状況に陥っていた

な・な・な・なんと!!
直飲み部分を蓋する部分がポコッと割れて落ちている

 

「え?」
その場に立ち尽くす私
よく見ると、蓋の部分を崩壊した模様
プラスチックの破片が飛び散っていた

 

「誰?ここに水筒置いたのは?」
自分のミスなのに流し台の横に水筒を置いた犯人に罪をなすりつけようとした私

 

ところが・・・
水筒を置いたのも私
落として壊したのも私
逃れようがなかった・・・

 

慌てて破片を拾いくっつけようと試みた私
どうあがいてもくっつかない・・・
割れているんだからくっつくはずがない・・・

それならば!!と
瞬間接着剤を塗りたくってみた

が・・・!!
着くはずがない・・・
結局接着剤がベタベタとくっついただけで、
無意味だった

 

どうしよう・・・
明日、水筒がなかったら探すよね・・・
水筒が壊れてたら怒るよね・・・
チビの悲しむ顔が思い浮かぶ

 

明日、朝一番で新しい水筒を買いに行こう
チビが選んだ水筒を買おう
そう強く心に誓った私でした








-我が家での事件

© 2020 にこタイムズ