子どもたちのあれこれ 未分類

まさに「おさつどきっ」さつまいもを食べた後に焦るハメなった大事件とは

「しまった!!もう食べちゃったし」

お兄ちゃんと同じクラスのママからのラインをみて
とにかく焦った私

どうしよう・・・
これはまずい!!

 

学校でさつまいもを育てていたお兄ちゃん
先日、さつまいも堀を体験していた

 

「ただいま~!ママみて~!!」
玄関に入るや否や大声で私を呼ぶお兄ちゃん
手には新聞紙で包まれた何かを持っている

「ほら!さつまいも!!一番デカいのもらってきたし」
そう言ってニヤニヤしながら大きなさつまいもを見せてくれた
子供たちが一生懸命育て収穫した芋を
先生が一人一つずつ持たせてくれたという

 

「ママ、このさつまいも、もう食べれるかな」
自分で一生懸命掘ったさつまいもだけあって
食べたくて仕方ないらしい

そこは母の腕のみせどころ!!
さっそく家族みんなが大好きな焼き芋にして食べることにした

 

芋鍋を火にかけること約1時間
おいしそうな匂いとともに、焼き芋ができあがった!!
ほかほかの焼き芋をさっそく食べる
学校で一生懸命育ててきたさつまいも
その味は格別だ!!
家族みんなで楽しい焼き芋会を楽しんだ!!

 

ところが、その後、
ヒヤッとする出来事が起きた

 

何気にスマホをみた私
ラインにメッセージが送られてきていた
お兄ちゃんと同じクラスのママ友からのメールだ

 

メールの内容をみてびっくり仰天
これはまずい!!と焦ることなる・・・

 

メールの内容は学校でもらってきた芋についてだ
「今日もらってきた芋は食べていいのかな
 子供にきいたら先生は食べていいとは言っていなかったみたいだから
 観察でもするのかな」

 

え?芋の観察?
え~!!!!

 

持ち帰ってきたから食べていいものだと勝手に決めつけていた私
この芋は食べてはいけない芋だったのか!?
芋はすでに腹の中

どうしよう・・・
どうしよう・・・

 

とにかく焦る
慌ててお兄ちゃんに確認すると
「そんなこと知らない ただ先生がくれただけだし・・・」

 

なに~!!!
先生は一言も食べていいとは言っていないのか

これはまずい・・・
これはまずいぞ・・・

 

事実をなかったことにするには新たなさつまいもを入手しなければ・・・
今からスーパーに買いにいくか・・・
でも、スーパーには形の整ったキレイなさつまいもしか売っていない
それじゃ学校で掘ったさつまいもと違うことが一目瞭然だ
まずい~!!!

 

焦っている私をみてケラケラ笑う子供たち
いやいや、笑っている場合じゃないぞ
困るのはお兄ちゃん、あんたですよ・・・

 

 

と・・・その時、ラインのメール音が鳴った
さっきのママ友からだ
ドキドキしながら内容を確認する

「心配で先生に電話したら食べていいと言われたよ~
 お騒がせしました!!」

その内容をみてほっとした私
すでに食べてしまっていた我が家にとっては
かなりのお騒がせメールだった

 

学校で持ち帰ってきた食べ物はすぐに食べてはいけない
それが我が家の教訓となったことは間違いない



子供においしい宝箱をプレゼントしよう!!

間もなくキャンペーン終了!!今がチャンス

-子どもたちのあれこれ, 未分類

© 2020 にこタイムズ