つぶやき 言いたいこと

【一通の手紙が家族の心をつなぐ】コロナで介護施設は面会禁止、入居している家族の安否が確認できたワケ

介護施設では、新型コロナウイルスの感染を防止するため、家族の面会を禁止・制限しているところが多いですよね。

家族が施設に入居されている方は、元気に過ごせているのか気がかりで仕方ないと思います。

そこで、私が家族の介護施設に入居している家族を心配している理由や、家族の安否確認ができたきっかけなどを紹介します。

一日も早く、みなさまが介護施設に入居されている家族と会える日が来ることを心から願っています。


介護施設に入居している家族のことが心配

私には祖母が2人います。

それぞれ介護施設に入居しているのですが、2ヵ月以上会えていません。

その理由は、新型コロナウイルスの感染防止のためであり、命の危険がない限り一切面会することができない規則になっているからです。

つまり、施設から連絡がない限り、元気に過ごしているということになります。

仕方がないことではありますが、会えないとやっぱりさみしいですし、何だか心配です。

このように、介護施設に入居している家族に会えず、不安を抱いている方も多いのではないでしょうか。



 

私が介護施設に入居している家族を心配する理由

施設から連絡がないということは、2人の祖母は元気だということですが、やっぱり心配です。

母が気になって施設を訪ねたところ、スタッフの方から「元気に過ごされてますよ。」と報告を受けたと言っていましたが、それでも何だか気がかりです。

父方の祖母は、高齢で足腰が弱くなり施設で生活しています。頭はしっかりとしているので、自分の意志を介護士にしっかりと伝えることができます。

でも、母方の祖母は痴呆症を患っているため、何かあってもすぐに忘れてしまいます。嫌なことや困っていることがあったとしても、伝わっていない可能性があります。

以前、転倒して頭をぶつけていたことがありました。でも、転んだことをすぐに忘れてしまったため、自分で介護士にその事実を伝えることができませんでした。介護士は祖母の額が腫れていることに気づかず、面会に行った私が祖母の顔みて気づきました。

介護を受けているとはいえ、家族でなければ気づいてあげられないこともあります。だからこそ、心配です。



面会禁止だと施設内の様子がわからない

介護施設が面会を禁止・制限していることは正しいと思っています。

高齢者がコロナに感染してしまうと死の危険性が高く、施設内でクラスターが発生してしまうかもしれません。

だから祖母に会えないことは仕方のないことだとわかっています。

でも、面会ができないので、施設内の様子がさっぱりわかりません。

どのような介護がなされているのかわかりません。適切な介護が受けられているのかわかりません。

家族が自由に出入りできない状況なので、もしかしたら適切な介護が受けられていないかもしれません。

把握できないことが多いと、きっと大丈夫だとは思うけど、何だか不安な気持ちになります。



 

家族の不安を解消させる介護施設の素晴らしい取り組み

そんな矢先、父方の祖母の介護施設から一通の封筒が父のもとへ届きました。

封筒の中には、祖母からの手紙と祖母の写真が入っていました。

手紙には、祖母の字でこう書かれていました。

「私は元気ですから、みなさん心配しないでください。」
「施設の方が、家族に手紙を書きませんかと声をかけてくださいました。自分の無事を知らせることができ、ありがたいです。」

写真ではありますが、久しぶりに元気そうな祖母の顔が見れてほっとしました。

介護施設に入居している家族と会えないことに不安を抱いている家族に対して、このような取り組みをしてくれた介護施設は、すばらしいと思います。

もちろん、介護施設に入居しているすべての方が手紙を書けるわけではありません。

その場合は、写真だけでも送ってもらえると家族は安心できるのではないでしょうか。

このように、より多くの介護施設で入居者とその家族をつなぐ取り組みがなされるといいなと思っています。(介護士さんの負担が増えてしまいますが・・・)



介護施設に入居している家族の安否を確認する方法

介護施設での面会が禁止・制限されている以上、介護施設に出向いても入居している家族には会えません。

介護士に「元気ですよ」と言われても、「本当に元気ですか?具合は悪くありませんか。」と聞きたくなってしまいます。

もやもやした気持ちと不安な気持ちは消えません。

では、どうしたらいいのでしょうか。

今は、介護施設での取り組みを待つしかないかもしれません・・・

でも、自分から勇気を出して写真を送ってほしいとお願いしてみるとよいかもしれませんね。

そういった声がたくさん届けば、対応してくれる施設もきっとあるでしょう。

ちなみに母方の祖母の介護施設からは未だに何も連絡がありません。

痴呆症を患っているのですが、電話で話すことはできます。でも、電話をつないでもらうこともできません。

とりあえず、手紙を書いてみようかな。

手紙を書いたからといって祖母の安否が確認できるわけではないけれど、家族の声を届けることで祖母に喜んでもらえたらいいな、と思っています。

早くコロナが収束し、介護施設に入居している家族に会えるようになるといいですね。






-つぶやき, 言いたいこと
-, , , ,

© 2020 にこタイムズ