退職 銀行生活でのあれこれ

私が銀行を退職した理由③ 仕事と子育てを両立することへの葛藤

楽天3冠達成!!簡単置き換えダイエット!!

楽天リサーチ第1位 男性に売れてるスキンケア

子供を抱える女性が仕事と家庭を両立するということは
安易な考えではやっていけない
大きな覚悟を決め、自分にその覚悟を言い聞かせ常に仕事をしている
子供に対して後ろめたい気持ちがありながらも
必死で仕事をしているのだ

 

とはいえ、私はそれに耐えられず退職という道を選んだ
子供との時間をこれ以上削ることは私にはできなかった

 

子供の成長は早い
自分の知らないうちにどんどん成長していく
その成長を親として一番近くで見守りたい、そう強く思うようになった

 

私の両親も共働きをしており、
小さなころは祖父母が私の面倒をみてくれた
大人になった今は、そのおかげで何不自由なく生活できたことを感謝しているし
親の考えも納得できる

 

ただ、やはり子供の頃の記憶は消えない
「親が仕事でいなくてさみしかった」
この気持ちは今もある
自分が親となった今、
自分が子供たちに同じ思いをさせているかと思うと心が痛んだ

 

子供が成長すれば子供は親からは離れていく
今だけ我慢すればいいことであり、
先のことを考えたら仕事を続けたほうがいいと一度は考えた

でも、そうは言っても悶々とした気持ちは常にあった
今、子供たちとの時間を大切にしなくてどうするのだ
子供たちの母親は私だけなのに、
仕事をして子供も犠牲にしている自分自身が許せなかった
だからこそ、退職という大きな決断をした

 

仕事をとるか、家庭をとるか
子供を抱えた女性の選択に間違いはない
選んだ道が正解なんだと思う

 

銀行という職場は福利厚生が充実している
女性の活躍を推進している
銀行は女性には非常に働きやすい職場であると思う
できることなら銀行での仕事を続けたかった

 

でも、それ以上に守りたいものがあった
だから退職したことを決して後悔はしていない

むしろ、子供とのかけがえのない時間を手に入れたことに喜びを感じている
子育てが落ち着いたら何をしようか、
銀行で培った経験を活かし新たなことをしてみたい
そんなことを考えてワクワクしている

 

育休後に復帰する女性は本当にすごいと思う
精神的にも肉体的にもギリギリな状態で働いている人は多いはずだ
そんな女性に対して、
会社は福利厚生をさらに充実させ手厚くバックアップすべきである

 

いろいろな葛藤の末、働くことを決断をした女性は強い
自分は退職という道を選んだが、
復帰してキャリアアップしていく働くママはキラキラしていてかっこいいと思う

 

子育てをする女性にとって
仕事をとるか家庭をとるかという選択は永遠の課題である
それが正社員であろうがパートでも同じだ
女性ならではの悩みであり大きな人生の課題であることを実感した

 

私のように人生の選択を迷っている女性には
ぜひ後悔のない選択をしてほしいと思っている
どの選択にも間違いはない
自分の選んだ道を突き進むだけだ

 

楽天3冠達成!!手軽にできるダイエット!!

自宅で簡単エステ体験!!

楽天リサーチ第1位 とにかく売れてます!!

-退職, 銀行生活でのあれこれ

© 2020 にこタイムズ