銀行事情

銀行員は必要ない!?人員削減、大幅リストラ 銀行員は生き残れるのだろうか  

フルオーダーは格別だ!!

飲むだけ簡単ダイエット!!

世の中の変化は著しい
技術が進歩し、今や人に代わって人工知能が活躍する時代だ

 

銀行も時代の流れにのり、
大規模なシステム化が進んでいる
無人店舗が導入され、いずれ窓口の応対なしで
銀行ですべての用が完結できる時代がくる

伝票類は機械が正確に読み取り、
細かい記入も不要
当然、窓口での応対も不要
フォローが必要な場合に限り、テレビ窓口での対応
そんなことが当たり前になってくる

そうなると、銀行員の存在は必要ない
人工知能で銀行業がなんでも完結できる時代がくれば、
銀行員としての存在価値が危ぶまれる

 

数年後には人員削減で
大規模なリストラもあるだろう
優秀な人材だけが残され、不要な銀行員は排除される

 

 

一昔前は花方と呼ばれた銀行員
銀行に勤めていると言えば、
称賛されたものだ

 

ところが、今は違う
世間でも、メディアを通して
銀行のシステム化が大々的に報道されている
人工知能を取り入れた無人化が話題になっている

 

注目すべきことは、
銀行がどこまで完璧にシステム化できるかということではなく、
銀行で働いている人がこれからどうなってしまうのか
どれだけ多くの銀行員がリストラされるか、ということだ

 

現に、銀行で働いている行員でさえ、
銀行の先行きに不安を覚えている
どこまでシステム化されるのだろうか
そうなると、自分たちはどうなるのだろうか、
今後、何が求められるのだろうか・・・

 

銀行で現役で働いている行員がおもしろいことを言っていた

 

いつ退職してもいいと思っているのだけど、
とりあえずは銀行で働く
システム化を追求した銀行が
どうなってしまうのか、
銀行員がこの先どうやって切り捨てられていくか
それを見届けるのはおもしろそう

 

いつ辞めてもいいと思っている
銀行員という仕事に未練があるわけではない
でも、銀行で働いている行員すら先が読めない
この先の将来に不安を抱く時代だ
銀行という仕事に魅力を感じているわけでなく、
この先の銀行の変貌を身をもって体験することに興味があるというのだ

 

確かに・・・
システム化が進む時代
接客業である銀行が
人を介さずどこまで銀行業を営むことできるのか、
私も非常に興味がある

 

このまま銀行に勤め続けるか、
切り捨てられる前に第二の人生を歩むか・・・
大きな決断を余儀なくされることは十分考えられるだろう

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

最短1週間で入社可能!DYM就職

フルオーダーは格別だ!!

今、売れてます!!

これは効果抜群!!

大注目!! 飲むだけ簡単ダイエット【重ね発酵ハーブ茶】

 大切な人へ
メッセージを込めた星のプレゼント

-銀行事情

© 2020 にこタイムズ