ゴロコのつぶやき

冷蔵庫の故障トラブル 冷蔵庫の水滴は危険サイン



生活に欠かせない家電アイテムである冷蔵庫
そんな我が家の冷蔵庫に故障トラブル発生!!

なんと・・・
冷蔵庫のドアポケットの下に
大きな水滴がいくつも出没!!

 

え?
なんで?
長時間、冷蔵庫を開けていたことが原因なのか!?

とりあえず、水滴をすべてふき取り、
様子見することにした

 

数時間後・・・

 

あれ?
やっぱり・・・
再び大きな水滴がドアポケットの下部分に付着
手で触ってみると、
ビタッと水気がついた

 

おかしい・・・
こんなこと今までなかったはず・・・

 

これから暑くなるというのに、
冷蔵庫が壊れたら大変だ
急いで冷蔵庫を購入した家電量販店に電話し、
訪問修理してもらうことにした

 

購入して約8年
10年の長期保証がついていた

通常の修理内容であれば、保証の範囲で修理してもらえるのだが、
冷蔵庫の場合は有償になることも多いらしい

消耗品であるパッキンなどの劣化が原因である場合は、
保証の対象外となる
そのため、訪問費なども自腹になるという

 

え?そうなの?
そう思ったけど、修理してもらうしかないので仕方がない
有償となるか無償となるかはわからないが、
とにかく修理に来てもらうことにした

 

その結果・・・
ドア開閉部を固定している部品が欠けていることが判明した

冷蔵庫のドアの開け閉めを繰り返すことで
部品がだんだんすり減っていくのだが、
そのすり減りを繰り返し最終的に欠けてしまったのだろうとのこと

そのため、ドア庫内とドア部分の間に隙間ができ、
その結果、水滴ができるようになってしまったらしい

 

これは、冷蔵庫のよくある故障原因だそうだ
ドアポケットに水滴ができる場合は、
その原因が考えられる

 

そういえば、最近、冷蔵室の下にある冷凍室のアイスが緩くなっていることがあった
そのことについても伝えると、
おそらく今回の部品が欠けたことが原因だという

 

隙間ができたことで、
冷気が逃げてしまい、
庫内温度にも影響が出ていたようだ

 

パッキンの消耗ではないので、
保証内で修理可能とのこと
さっそく修理してもらった

 

取り替えた部品をみせてもらうと、
新しい部品と比べてごっそりとかけた部分が!!

 

早めに気づいてよかった~
このまま知らずに使い続けていたら、
冷気が逃げ続けて大変なことになるとこだった

 

生活必需品である冷蔵庫
冷蔵庫が壊れたら大変なことになる
小さな異変が命取りだ

ドアポケットの水滴は危険サイン
水滴をみつけたらとりあえず訪問修理を依頼することをおススメします









-ゴロコのつぶやき

© 2020 にこタイムズ