子どもたちのあれこれ

髪はビタビタ、すっぴん丸出しで病院へ駆け込んだワケ



「え~!?」
「どうしよう~」

 

まさかこんなことになるなんて・・・
まさかの事態に一瞬頭が真っ白になった

 

2歳の息子とシャワーを浴びていたときのことだ
暑い中、外で遊び汗でビタビタ
とりあえず風呂場に直行しシャワーを浴びることにした

 

シャワーに興奮し、
バスタブにつかまりジャンプしていた息子

 

私が頭を洗っているときに事故は起きてしまった

 

「ドン・・・」
「ギャ~!!」
鈍い音がしたと思ったら、
子供が突然、泣き出した

 

「ん?なに?」
シャンプーしながら息子をみて、
思わず凍り付いた

 

泣きわめく息子の口から大量の血が!!
一瞬、頭が真っ白になった

 

どうやらジャンプし着地する際にツルっと滑り転倒
バスタブに唇をぶつけた様子

 

慌てて息子を抱え、
出血箇所を探す
どうやら、唇の裏側から出血している様子だった

 

とにかく止血だ
身体を吹くために用意してあったタオルをつかみ、
出血してくる部分を抑えた

 

ところが、血はなかなか止まらない
傷が深い・・・
他にも切れている部分があるかもしれない

 

「やだ・・・」
「どうしよう・・・」

 

そうは言っても私の頭は泡だらけ
とりあえず泡だけは洗い流さないと外に出られない

 

息子の身体をタオルでふき、
自分の頭を洗い流し、
一目散に風呂場から出た

 

時刻は午後2時半
急いで市民病院へ電話
受入れ可能とのことで病院へ向かった

 

いつもなら化粧水や乳液をしっかりとつけ、
身体にも保湿クリームを塗るのだが、
そんな余裕はない

 

髪はビタビタに濡れたまま
顔もカピカピのスッピン状態で病院へと急いだ

 

病院へ着く頃には、
息子の唇からの出血も止まり
息子も泣き止んでいた

 

ただ、私が確認できる傷口はけっこう深い
上の前歯が下の唇に刺さったのだろう
歯型状にえぐられた傷口がみえた

 

受付を済ませると、
すぐに看護師さんが傷口を確認しに来た

 

唇の内側の傷の他に
唇の下にも切り傷が!!
内側の傷はやはり深いようだ

 

そのまま診察室へ
診察の結果、
傷口は縫わずに様子見することとなった

 

小さな子供が唇を縫うと、
どうしても縫ったところが気になり、
さわったりするうちにひどくなる危険もある
止血しているため、
自然治癒でいいだろうとのこと

 

翌日、傷口の消毒へ通うこととなった
ひとまずほっとした私

 

診察室を後にしようとしたところ、
看護師さんが私に一言
「お母さん、風邪ひかないようにしてね」

 

その言葉にはっとした

 

髪は濡れたまま
顔はカピカピ
風呂上り丸出し
まるで銭湯帰りの客のような姿だ

 

こんな姿で病院へ駆け込んだのは初めてだ
冷静になればなるほど何とも恥ずかしい姿・・・
それだけ大慌てだったということなのだが、
恥ずかしさのあまり急いでその場から立ち去りたい気分だった

 

まさかの風呂場での子供のケガ
ケガにも焦るが、
真っ裸な状態でパニックになるのも考え物だな・・・









-子どもたちのあれこれ

© 2020 にこタイムズ