私のつぶやき

女性が銀行で出世するには 出世した女性が失っていくもの

一昔前は、銀行での出世は男ばかり
銀行での女性の位置づけは、事務係だった

ところが、今や銀行事情が時代とともに変化
銀行では、女性が活躍する時代となった

 

その背景には、
やはり女性活躍推進法が大きく関係している
とりわけ、銀行ではこの女性活躍推進をいち早く取り入れ、
社会的にもアピールしている

 

男尊女卑という言葉はもう古い
才能が買われれば、男性を差し置いて女性が上に上り詰める
そんな時代だ

 

とりわけ、男性よりも女性の出世スピードのほうが
比較的早い気がする
もちろん、銀行での職種の関係もあるとは思うが、
女性が早い段階で役付になることは珍しくない

 

銀行にできる女性行員は多い
知識だけでなく、セールススキルの高い女性も多い
メガバンクでは、
リテール部門で営業をしているのは、女性の割合のほうが多い

 

銀行の営業も、今や女性がする時代
営業で女性が実績を残し出世する時代だ

 

実績を上げ、キャリアを積み上げれば
それなりに評価してもらえる
女性でも、上役に上り詰めることができる
支店長になることも可能だ

 

仕事で活躍したい、
キャリアを積みたいと思う女性にとっては、
銀行は恰好の職場であると思う

 

スーツを着こなし、
部下を従え仕事をしている女性が多くいる
その姿の憧れる女性は多いだろう

給与水準も高い、ボーナスも期待できる
そんな好条件であればなりたいと思うだろう

しかし、その一方で出世の代償は大きい
男の世界で戦っていくのだから、
当然、女性として失うものも多い

 

私自身、出世は早かった
もちろん、それなりに実績も積んでおり、
いわゆるキャリアウーマンだった

仕事量も多い
一日フル稼働で働き、
帰るころにはクタクタ・・・

ゆっくり疲れがとれることもなく、
また次の日が始まっていく

 

役職が上がれば上がるほど
重圧は大きくなる
部下がいるのだから弱音は吐けない
とにかく仕事をこなしていく

 

当然、給与は鰻上り、
ボーナス金額には自分でも驚いた
そのため、仕事への充実感はかなりあった
評価されることがうれしかった

 

そんな私の出世欲が完全に消えうせたのは、
結婚し、子供が産まれたことがきっかけだ

 

出世を望むなら、
男性と互角に戦う必要がある
男性と同じ条件で働くことは最低限必要だ

育児休暇の長期取得や時短を使えば、
たちまち出世コースから外れる

家族を犠牲にしてまで出世する必要はあるのだろうか
それが本当に幸せなことなのだろうか・・・

 

そう考えたとき、
迷わず出世を捨てた
自分には仕事以上に大切なものがある
それを失ってまでキャリアアップする必要はない
それが私の答えだった

事項へ続く・・・

1万円以上を半額で!ジュランツ・スペシャル・トライアルセット

 

-私のつぶやき

© 2020 にこタイムズ