子供の病気 子育て

【大成功!】トイレでウンチができない子供のウンチトレーニング方法!!

子供がトイレでウンチができず困っていませんか?

おしっこはトイレでできるのに、ウンチがトイレでできないのはどうしてなのでしょうか。

ウンチをオムツやパンツ、おまるなどでしたがるのはどうしてなのでしょうか。

そこで、今回は、我が家で実践しているウンチトレーニングについて紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

保育園年少3歳の子供がトイレでウンチできません

我が家には、保育園に通っている3歳の子供がいます。

おしっこはトイレでできるのですが、ウンチはオムツでしています。

保育園にはパンツで通っており、おしっこを漏らしてきたことはありません。

そして・・・ウンチは保育園では絶対にしてきません。

トイレでウンチができないことが原因で、保育園ではウンチを我慢しているのではないかと心配しています。

 

 

ウンチをするときは、パンツを脱いでオムツを履く

ウンチをトイレでしたほうが楽だと思うのですが、我が家の息子はトイレでウンチをしたがりません。

パンツを履いているときにウンチがしたくなったら、必ずオムツに履き替えています。

オムツの中にウンチをするのが当たり前の状態です。

ウンチをする時には顔を真っ赤にしてふんばるので、そのタイミングでトイレでに行くよう促すのですが、逃げてきます。

部屋の隅へ行き、ウンチをする日々。

トイレに行ってウンチをすればいいのに・・・

トイレでウンチをすれば、わざわざオムツに履き替えなくていいのに・・・

どうしてオムツでウンチをしたがるのでしょうか。

 

 

トイレでウンチできない理由

子供がトイレでウンチできないのはどうしてなのでしょうか。

そこで、我が家の子供の例を挙げながら、トイレでウンチできない理由を考えてみました。

 

トイレでウンチをするのが怖い

子供がトイレでウンチができない原因の一つは、恐怖心です。

我が家の長男は、5歳までオムツでウンチをしていたのですが、「トイレでウンチすると流されちゃう」と言っていました。

流れていく水の中に落ちた自分の姿を想像し、怖くてトイレでウンチができずにいました。

確かに・・・ティッシュが流れていくのを見ると、トイレの中に落ちたら流されてしまいそうな気分になりますよね。

ウンチをしたらトイレに流されてしまうという怖さがあり、オムツやパンツなどでうんちしているのかもしれませんね。

 

どこからウンチが出るのかわからない

トイレでおしっこをするときは、おしっこが出るのを自分の目で確認できますよね。

でも、お尻の穴は自分では見ることができないため、ウンチがどこから出るのか確認することができません。

ウンチの出場所がわからないことが原因で、トイレでウンチができない場合もあります。

5歳までトイレでウンチができなかった我が家の長男は、「どうしたらトイレの中にウンチを入れることができるの?」と必死で訴えていました。

いやいや、座ってウンチをすれば、便器の中にウンチがポトンと落ちるから大丈夫なんですけどね・・・

ウンチがお尻の穴なら出ることがわからず、トイレに座るのを嫌がっているかもしれませんね。

 

安心してウンチができない

子供がウンチをするとき、かなり集中していますよね。

そして、特定の場所でウンチをしていませんか?

我が家の子供たちは、ウンチをする場所が必ず決まっていました。

例えば、部屋の隅でウンチをしたり、クローゼットに入ってウンチしたり・・・

3歳の息子は、ウンチがしたくなると急いでウンチスポットへ異動し、顔を真っ赤にしてふんばっています。

そこでなければ安心してウンチができないようです。

トイレでは安心してウンチができないと思い込んでいるのかもしれませんね。

 

 

やってみよう!ウンチトレーニング方法

オムツやパンツでウンチをすると、ウンチがお尻にペタッと引っ付いて気持ち悪いはず。

トイレでウンチすれば楽なのに・・・と思いますよね。

そんなときは、ぜひ我が家の子供たちに実践したウンチトレーニング方法を試してみてください。

もしかしたら効果が出るかもしれません。

 

「トイレでウンチして!」は1度だけ

子供がなかなかトイレでウンチできないと、何だか焦りますよね。

子供にトイレでウンチするよう何度も言ってしまっている方もいるのではないでしょうか。

私も長男が5歳までトイレでウンチすることができなかったので、かなり焦りました。

ウンチをしそうになると、何度も何度も「トイレでウンチして!」「トイレに行って!!」と言っていました。

でも・・・子供はトイレへ行くことを嫌がり、結局オムツでウンチをしてばかり。

子供を追い込んでも、あまり効果は期待できませんし、何度も言うのは精神的にしんどいですよね。

それならば、思い切って作戦を変えてみましょう!!

親が焦ったところで、トイレでウンチできるようになるわけではありません。

言えば言うほど、嫌がりますよね。

それならば、ウンチのたびにトイレに行くようしつこく言うのをやめてみましょう。

言うのは、1度だけ。

1度だけで十分です。

子供だって、わかっているはずです。

トイレでウンチをしないといけない、とちょっとだけ思ってくれるだけで十分です。

 

ウンチする様子を見せてあげよう

子供は、トイででウンチしている自分をなかなかイメージできないものです。

そのため、お手本を見せてあげるのも効果的です。

例えば、親が便器に座ってウンチするフリをしてみたり、兄弟がいればウンチへ行く様子を見せてあげたりするのもよいでしょう。

機嫌の良いときなどに便器に座らせ、こうやってウンチするんだよ、と教えてあげるといいかもしれませんね。

 

気長に待とう!!

ウンチトレーニングを開始して、すぐにトイレでウンチできるようになるとは限りません。

うちの子供にように、時間がかかる場合もあるでしょう。

でも・・・よ~く考えてみてください。

大きくなってトイレでウンチできない子は、いないですよね。

どこかのタイミングで、きっとトイレでウンチできるようになるはずです。

保育園や幼稚園のお友達がトイレでウンチしている姿をみたことがきっかけでできるようになるかもしれません。

オムツやパンツでウンチすると気持ち悪いので急にトイレでウンチするようになるかもしれません。

例え時間がかかっても、トイレでウンチできるようになります。

だからこそ、気長に待つのもウンチトレーニングで大切なことです。

 

 

気楽にウンチトレーニングしていこう!!

子供がトイレでウンチできないと、親が焦りますよね。

オムツやパンツ、おまるなどでウンチするたびに、ため息が出てしまうという方もいるでしょう。

そんな時こそ、もっと気楽に考えてみるのがおすすめです。

きっと子供だってわかっています。

わかっているけど、トイレでウンチすることが怖かったり安心できなかったりしてなかなか勇気が出ないだけです。

だからこそ、子供が自分からトイレでウンチしよう!と思うまで、気長に待ちましょう。

うちの長男のウンチトレーニングは、3歳で開始して2年以上かかりました。

長女は、苦戦することなく、すぐにトイレでウンチできるようになりました。

そして、3歳のチビくんは・・・まだまだ時間がかかりそうです。

子供によって、トイレでウンチできるようになるタイミングは異なります。

そして、いつかトイレでウンチできるようになるはずです。

だからこそ、楽に楽にトレーニングしていきましょう。

子供のウンチのお世話ができるのは、トイレでウンチができない今だけですよ!!

 

-子供の病気, 子育て
-, , ,

© 2020 にこタイムズ