子どもたちのあれこれ

心はピンク色 未練なし・執着なしで突き進むカッコいい娘  



「あと何回寝たらもも組さん?」
「早くもも組さんになりたいな」

4月から保育園の年中クラスへ進級した我が娘
年少クラスの修了式後から
毎日毎日、年中クラスへ進級する日を指折り数えていた

 

年少クラス在籍中は、
事あるごとに大泣きし、
保育園中の先生になぐさめられ、励まされ日々暮らしていた娘

そんな娘が自分が年中クラスになることを自覚し始め、
年中クラスである「もも組さん」になることを心待ちにしていた

 

進級することで心を許していた担任の先生も変わってしまう
今まで過ごしてきた教室ともおさらば
慣れていた保育園生活の環境がガラリとかわる

 

あれだけ毎日泣いていたくせに不安ではないのだろうか・・・
親の私としては、あの苦い記憶が蘇る・・・

 

毎日泣いて登園を嫌がり続けた娘
教室でも一日中泣いて過ごす毎日
そんな保育園生活がまた繰り返されるのではないか・・・
そんな心配が頭を過ぎる

 

ところが、娘は強かった
彼女が女だからなのか・・・
それとも、単なるマセガキなのだろうか・・・
娘の強気の発言に親の私のほうが驚いた

 

「桃組さんになったら新しい先生になっちゃうよ」
「先生がいなくなって寂しくないの?」

「全然!!」
「〇〇先生がいなくても平気だし」

あれだけ依存していた先生への未練や執着がまったくない娘・・・

 

普通なら
「また〇〇先生がいいな」
「〇〇先生がいないと嫌だな」
そんなことをかわいく言うと思っていた

 

ところが
まったくもって過去に執着しない娘
担任だった先生への未練もまったくない

未練や執着が全くない女
気持ちがいいほどさっぱりしている
女としてはサバサバ系でカッコいい!!

 

そんなことよりも、
これから始まる新たな生活にウキウキ状態
まさに心はピンク色だ

 

かっこいいぞ!!
すごいぞ!!
未練なく突き進む娘の姿を頼もしく感じた

 

娘をまだまだ幼い小さな子供だと思っていたのは私だけ
子供は気づかないうちに立派に成長しているのだな、と実感した

 

こうやって大きくなっていくんだな・・・
こうやって自分の手から離れていくんだな・・・
そう思うと何だか少しさみしい気持ちになった

 

でも、それでいいんだ!!
知らないうちにたくましく成長していた娘
あっぱれだ!

 

今まで保育園では泣き虫だった娘
クラスで一番泣いていた娘
その娘が年中クラスでどれだけ成長できるのか
親として何だかとても楽しみだ!!







子育ての悩みは『ギフト式』でマルッと解決

飲むだけ簡単ダイエット【重ね発酵ハーブ茶】

-子どもたちのあれこれ

© 2020 にこタイムズ