ゴロコのつぶやき

うちの子、もしかして先生に嫌われてるのかも!?先生がえこひいきしていると感じた出来事



うちの子、もしかして先生に嫌われている?
先生の子供へのえこひいき的な対応をみて、不信感を抱いた

先生は子供たちを平等に扱うべきだ
先生という立場では、子供たちを平等な視点で判断すべきだと思う

 

もちろん、先生だって人間だ
人には感情があり、好きな人や嫌いな人、苦手な人がいる
先生にだって好きな生徒、嫌いな生徒がいることだってわかっている

 

わかっているけど・・・

 

目に見えてわかるようなえこひいき的な態度はやはり避けていただきたい
親や子供たちの前では子供を平等に扱うべきだ

 

なぜ、私がそんなことを言っているかと言うと、
そう捉えられるような出来事があったからだ

 

今に始まったことではない
前からそうではないか、と思っていた

 

そうではないかもしれないが、
何度も繰り返されることで、
親としては自分の子供が先生から嫌われているのではないかと思わざるを得ない

 

また選ばれなかった・・・
また選んでもらえなかった
何で?どうして?
親として納得がいかなかった

 

ダンスを習っている娘
クラスには年中から小学校低学年の子供が15人ほど在籍している

 

ダンスの曲ごとに立ち位置があるのだが、
娘はどういうわけは一番前になったことが一度もない

 

いつも真ん中の隅や後ろばかり
ダンスで目立つどころかその他大勢として扱われている

 

年齢が一番下ということもあるのだろう
上手は子は他にもたくさんいるし、
上の子たちを優先して前のほうにしているのだろうと思っていた

 

でも、やっぱりどこかおかしい

 

娘と同じ年中の生徒は、娘を入れて3人いる
3人の中で未だにその他大勢のポジションなのはうちの娘だけだ

 

そのうちの一人は、以前、お姉ちゃんが先生の教室へ通っていた子で
親も先生と個人的に連絡をとっている

 

そのせいか、発表会の時は
一番前の列に選ばれていることが多い
娘よりも数ヵ月早くダンスを始めたので仕方がないことだといえばそうかもしれないが、優遇されているのは確かだ

 

そして、決定的だったのが今回の出来事だ
年中の子で娘よりも後に入った子が今回、重要なポジションに選ばれた

 

順番からしたらうちの娘のはずなのに、
うちの子はまたもやその他大勢だ

 

おかしいでしょ
なんでそうなるの?
親として納得できずにいる

 

確かに、先生はその子のことをかわいがっている
まだ幼さがあり人懐っこいところがあり、そこがかわいいのだろう

 

一方、娘は・・・というと
年中のわりにはかわいげがない
先生、先生!!と慕って近づくわけでもなく
黙々とダンスに打ち込んでいる
何とも不利な性格だ

 

親からみてもそう思うけど、
でも一生懸命練習しているのだから
そろそろ前の列を経験させてくれてもいいんじゃないの?と思う

 

やっぱり自分の子供がかわいい
せっかくがんばっているのだから、
目立つポジションや役を与えてほしいと思うのが親としての心境だ

 

先生もダンスのプロだ
その都度、見極めて立ち位置を決めているとは思うのだが、
毎回、その他大勢のポジションともなるとさすがに不満に感じる

 

先生は、子供を平等に扱うべきであり、
例えそうでないとしても、平等を演じるべきだと思う

 

先生の態度や対応を評価するのは親だ
親がえこひいきしていると判断した段階で
親からの信用を失うことになる

 

自分の誤解であってほしい
娘だって先生にちゃんと見てもらっていたんだな
そう思える日が来ることを願うばかりだ







-ゴロコのつぶやき

© 2020 にこタイムズ