ゴロコのつぶやき

新型コロナ 子供と公園に出かけるのもダメなの?まわりの視線に冷たさを感じたのは私だけ?



新型コロナの感染拡大を防止するため、行動自粛が叫ばれていていますね。そんな中、子供を抱える多くの親は、子供の遊ばせ方について頭を悩ませていることでしょう。そんな中、私は子供と公園へ出かけたのですが・・・



 

公園遊びをさせている親に突き刺さる世間の冷たい視線

子供たちを家の中だけに閉じ込めておくのはかわいそうだな・・・と思い、身体を動かすために公園へ出かけたわけですが・・・

やっぱり行かないほうがよかったなと感じています。

公園遊びをさせている親に対して、周りの人が冷やかな目でみているような気がして仕方ありませんでした。

公園の周辺を散歩してる人や近くの住人から「公園で子供を遊ばせているなんて信じられない」とじろじろ見られている気がして、何だか罪悪感を感じてしまいました。

 

公園に出かけて新型コロナに感染するリスクに気づいた

実は、公園に出かけてみたものの、私自身、本当に公園に来てよかったのだろうか・・・と思ったのです。

もしかしたら、コロナに感染している人が遊具で遊んでいたかもしれない

公園にいる他の人が、感染者かもしれない・・・

そう思うと、わざわざ子供たちを危険な場所へ連れ出してしまったように思えてしまい、後悔しました。

感染ルートが特定できていない感染者もたくさんいますよね。もうどこで感染するかわからない状態。

結局、出かけるということはリスクを伴うのだ、ということを痛感いたしました。



 

子供を公園で遊ばせるのは控えたほうがいい

行動自粛期間中は、やっぱり自粛することが大切ですね。人が密集する大きな公園は閉鎖されているけど、近所にあるような小さな公園は閉鎖されておらず、子供を遊ばせている人もいる。

それなら、行っても大丈夫なんだ!!と思ってしまう人もいますよね。私だってそう思って公園に出かけてしまいました・・・

でも、その考え方がそもそもダメなんですよね。他の人がいるから大丈夫と思ってしまうのは、自分に甘さが出ているということです。

公園で遊ばせると、子供が知らず知らずのうちに接近してしまうこともありますよね。感染リスクを抑えるためには間隔をあけなければならないのに危険ですね・・・

他の子供が自分の子供に接近すると、自分の子供を抱え接近を避ける行動をとっている人もいました。でも、それって相手の子供をバイ菌扱いしているみたい。そんな行動をするなら来なければいいのに・・・と思うことも。

それに、自分の子供が近づいていくと、相手に危機感を与えているような気がして何だかヒヤヒヤし申し訳ない気分になりました。

いくら近所の公園が閉鎖されておらず、遊ぶことが許容されているといっても、今の時期は公園に行くのは控えたほうがいいな、と感じました。そして再び出かける気にはなりません。

庭で子供のストレスを発散させてあげる方法をあれこれ考えます!!

↓↓外に出れないこの時期だからこそ、自分磨きをしませんか?↓


ウイルス対策できてますか?↓


-ゴロコのつぶやき

© 2020 にこタイムズ