つぶやき 豆知識

分葱(わけぎ)とネギの違いは何?分葱はネギとして食べれるの?分葱を薬味として食べてみた!!

分葱(わけぎ)をいただいたのですが、ネギとの違いがわからず困ってしまいました。

みなさんは、分葱(わけぎ)とネギの違いを知っていますか?

気になったので調べてみました。

分葱(わけぎ)とネギは何が違うの?

分葱とネギは、見た目が非常に似ていますが、違うものです。

分葱は、ネギと玉ねぎの雑種で、球根で育ちます。

そのため、スーパーなどで売られているネギと比べて根の部分がぷっくりとふくらんでします。

確かに!!

ネギは、根の部分からきれいにシュッと上に伸びていますが、分葱には球根がついており、根がふくらんでいます。

分葱とネギはやっぱり別物だったのですね!!


分葱のおいしい食べ方

分葱を使った料理で代表的なのが「ぬた」ですね。

私も大好きです!!小さな頃におばあちゃんがよく作ってくれたので、食べるたびに懐かしい味がします。とろっとして甘くて最高です。

調理方法はとっても簡単!!

さっとゆで、食べやすい大きさに切り、そこに甘味噌をまぜるだけです。

我が家では、そこに刻んだちくわを入れたり、あさりのむき身を入れたりします!!

ちょっとした工夫でさらにおいしくなりますよ。


分葱はネギのように薬味として食べられないの?

分葱とネギは別物だとわかったのですが、今までずっと気になっていたことがあります。

それは「分葱をネギのように薬味として食べることができるのか」ということ。

ネギが足りないときに、分葱をネギとして使ってもいいのでは?とずっと思っていたんです。

そこで、調べてみたのですが・・・

どうやら代用はできないようです。分葱は熱を加えて食べたほうが甘みが出ておいしいようです。

やっぱり別物なんですね・・・

ただ、食べられないこともない!!

ネギを薬味として使う場合は、独特の辛味があります。一方、分葱はネギのような辛味がないようで、ネギが苦手な場合は、代用するケースもあるようです。

 

分葱を薬味として食べてみた!!

ということで、ネギの代わりに分葱を薬味として食べてみました。

薬味ネギのように、細かく刻んでうどんの薬味として使ってみました。

う~ん・・・

見た目はバッチリ同じです。

ただ・・・硬い。ネギが大きくなりすぎてしまった時のような感じですね。

薬味ネギのようなやわらかさがないので、ちょっと残念なところです。

そして、味も違う。

薬味として使うネギは、料理の味を引き立てる感じなのですが、分葱は、そのまま食べると苦みが強いような気がします。

やっぱり、分葱は熱を加えたほうがとろっとしておいしいですね。

薬味として使えなくもないけど、ネギのような旨味はないです。

ただ、薬味として絶対に使えないというわけではないです。ネギがなくて困ったときに代用しようかな・・・という感じです。

気になる方はぜひ確かめてみてくださいね!!







-つぶやき, 豆知識
-, , ,

© 2020 にこタイムズ