ゴロコのつぶやき 家族のこと

母を介護施設へ入居させます② 要介護3で入居を拒否 



私には2人の祖母がいる
2人とも健在ではあるも、介護という深刻な悩みを抱えている

 

実際に悩んでいるのは祖母ではなく、
子供である私の両親たちだ

 

介護という深刻な問題に直面し、
介護と向き合いながら生活をしている

 

介護問題には明確な答えはなく、
答えを求めて苦悩する日々だ

 

 

父方の祖母 96歳 要介護3
頭はしっかりしているが超高齢であるため身体の体力が限界を迎えている

 

 

祖母には父を含め3人の子供いる
・長男(祖母宅まで車で1時間半)
・父 (祖母宅まで車で約30分)
・長女(祖母宅まで職場から車で約15分)
父は3人兄弟の真ん中だ

 

基本的には暗黙の役割分担がなされていた
・長男・・・週末に泊まる 祖母からの頼まれ事を引き受ける
・父 ・・・隔週の週末に病院へ連れていく
・長女・・・祖母の食事作り 排せつなどの世話

 

とにかく一人暮らしにこだわる祖母
ここ最近は、デイサービスとヘルパーの訪問介護を受けていたわけだが、
当初は介護されることに抵抗を示し、拒否していた

 

1人暮らしといえども、やはり体力的には厳しいものがあり
実際には、兄弟が交代で祖母宅に出入りし面倒をみていた

 

一番負担がかかっていたのが娘である叔母だ
平日、食事の作り置きをもっては通う日々
同じ女性という部分もあり、排せつなどの手助けもする

 

祖母は体力的にも一人暮らしがつらくなってきており、
夜になると一人暮らしは寂しいと泣きごとを言う
その結果、最近では祖母が仕方なしに寝泊まりすることも多くなっていた

 

週末、祖母宅で寝泊まるする長男も、
日中の様子をみてさすがに1人暮らしは厳しいことを痛感していた

 

一方・・・
父はというと、
隔週の病院のほかに毎週末、祖母宅を訪れてる
昼食や夕食のおかずをもっていってはいるが、
基本的には数時間で帰ってきていた

 

平日は仕事があるため、
祖母のことで何かあった場合は母が祖母の面倒をみる
体調を崩している時などは母が毎日様子を見に行っていた

 

そんなこんなで祖母を子供たちがカバーし
介護施設入居を先送りしてきたわけだが、
あることをきっかけに、介護老人保健施設への入居を決めた

 

介護老人保健施設とは、
主に医療ケアやリハビリを必要とする要介護状態の高齢者(65歳以上)を受けする介護施設
食事や排泄の介助などの介護をしてもらえるのだが、
基本的には自宅などに戻るためのリハビリが中心となる
そのため、在宅復帰を目指すための施設という性格が強く、
一定期間で退去することが前提となっている

 

これまで施設入居を見送ってきた祖母の
介護老人健康施設への入居を決めたきっかけは・・・

 

母を介護施設へ入居させます③へ









飲むだけ簡単ダイエット【重ね発酵ハーブ茶】

-ゴロコのつぶやき, 家族のこと

© 2020 にこタイムズ