子どもたちのあれこれ

4月から保育園に入園できないかも!?保育園の入園面接で不合格になった息子



我が家の一番下のチビが
保育園の入園面接で引っかかってしまった

来年度、4月から保育園の入園を予定しているが、
面接で引っかかったことですんなり入園できない可能性が出てきた

 

まさか面談で引っかかるとは・・・
予期せぬ事態に動揺が隠しきれない

 

早生まれのため、
同学年の子供たちの中では成長が遅いほうに入る

 

言葉の発達も若干ゆっくりではあるが、
自分の言葉で表現できるようになってきているので、
まず大丈夫だろう・・・と思っていた

 

ところが・・・

 

入園申し込み時の面談で、
まさかの事態が発生した

 

面接時、机にはおもちゃが置かれていた
電車・車・携帯など息子の好きなおもちゃばかり
当然、さっそく遊び始めた

 

そんな中、面接スタート

 

「お名前は?」
「・・・・・」

「何歳かな?」
「・・・・・」

聞かれた質問をことごとく無視
おもちゃに夢中だ

 

絵本をみせ、
動物の名前や車の名前を言う質問に対しても、
好きな動物についてはあれこれ絶好調で話をするも、
質問になると無視

 

ひたすら興味のあるおもちゃで遊び、
面接官との面接が全く成り立たなかった

 

まずい・・・
このままではまずいぞ・・・

 

いつも通り会話をすればいいのに、
おもちゃに夢中で何ともならない

 

「困ったな・・・」
「この項目が確認できないと入園判断ができないのよね」

 

優しそうな面接官が困った顔をしてこう言った

判断できない場合、
入園条件がついて5月からの入園になったり、
1カ月様子をみて本入園できそうか判断することになる
また、発達遅延ということで個別で保育士がつく場合もある

 

え~!!!
まさかの発言に思わず血の気が引いた

 

条件付き?
個別で保育士がつく?
全く予想もしていなかった事態だ

 

普段の息子ならパスできてそうな面接だ
面接前に早生まれで心配だったので
保育園の園長先生や児童館の先生からに相談したが、
何も問題ない、と言われていた

 

それなのに・・・
まさかこんなことになるとは・・・
衝撃が走った

 

「とりあえず時間を少し置いてお母さんと遊んでいる様子をみさせてもらうね」
「あとはお姉ちゃんの保育園の園長先生から普段の様子をきかせてもらうね」
「それによって面接をマルにさせてもらうね」

 

面接で普段の姿を発揮できない子供も多いという
その場合は、臨機応変に対応し判断するということではあるが、
さすがに面接でここまでボロボロだと精神的に追い込まれる

 

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
さすがにヤバいだろ・・・

 

面接官が少し時間をおいて息子の遊んでいる様子を見に来たのだが、
それもまさに悲惨な状況だった

 

車の乗りたいのになかなか順番が来ず泣きながら訴えている最中だった
「あれ、乗る」
「あれ~!!」
指をさし、乗りたいと泣いていた息子

 

すかさず面接官が
「どの車に乗りたいの?」と質問した

 

「あれ」
「あれ~!!」

 

「他のおもちゃもあるよ」

「イヤ」

面接官の顔をみて泣きながら訴えた

 

「言葉はしっかり話せるね」
「あとは園長先生の話をきいてマルにするね」

 

泣くながら車に乗りたいと訴えていた息子
そのやりとりでコミュニケーションの項目はクリアできたのかもしれない

 

ただ、目の前で面接合格です!と言われたわけではない
あとは、保育園の園長先生に普段の様子をきいて判断するとのこと
それによってはクリアできない可能性もある

 

まさかこんなことになるとは・・・
就労の関係で希望の保育園に入れるかどうかヒヤヒヤするのではなく、
本人の発達で入園できるかどうか心配しなくてはならないなんて・・・
まさかのことにさすがにショックだ

 

大丈夫かな・・・
保育園にすんなり入れるかな・・・
3人目の子で初めて保育園入園につまづいた・・・
不安しかないな・・・









-子どもたちのあれこれ

© 2020 にこタイムズ