3人の子育てママが、子育て経験や今まで経験したことや感じたことを紹介しています。

子供の鼻血が止まらないときの対処法 鼻血が出る原因と正しい3つの止血方法を知ろう!!

鼻血が出る原因と3つの止血方法

Last Updated on

子供の鼻から鼻血がダラダラと出て焦った経験はありませんか?

鼻血がなかなか止まらず困ったことはありませんか?

そこで、今回は、鼻血が出る原因と正しい止血方法を紹介します。

正しい止血方法を知っておけば、慌てず対応できるので安心です!!

 

 

子供の鼻から大量出血・・・

先日、子供の鼻から大量の鼻血が!!

止血しようと小さな鼻の穴に丸めたティッシュを詰めるのですが、ティッシュがどんどんと赤く染まっていくばかり。

鼻血のついたティッシュを新しいものに変えようとすると、その間にも鼻からポタポタと鼻血が垂れてきました。

必死で子供の鼻血を止めようとしました、なかなか止まらずかなり焦りました。

救急車を呼んだほうがいいかも・・・と思ったほどです。

すぐに鼻血が止まらないと、かなり焦りますね・・・

 

 

鼻血が出る原因

鼻血は、誰にでも起こりうるものです。

大人よりも子供の方が鼻血が出やすいです。

例えば、鼻をぶつけたり鼻くそをほじったりすると出血します。

また、鼻風邪や花粉アレルギーなどで鼻をかむ回数が多いとき、鼻がかゆくてこすったりするときなどにも鼻血が出やすいです。

では、どうして鼻血が出てしまうのでしょうか。

鼻血が出る原因は、鼻の粘膜が傷ついたり傷つきやすくなっていたりすることが関係していることが多いです。

子供が鼻くそをほじる時、むりやり鼻の中に手を入れてしまうため爪などで粘膜が傷ついてしまいます。

また、鼻水が多く出るときは、粘膜が弱くなるのでは鼻血が出やすくなります。

特に、冬場は空気が乾燥するため、鼻がむずむずしたり鼻風邪になったりして鼻をいじる機会が増えるので気を付けましょう。

鼻の粘膜が弱くなっていると、体温が上昇したりのぼせたりした場合にも鼻出血する場合もあります。

 

 

鼻血の多くは「キーセルバッハ部位」から出血

鼻血は、鼻の奥から出血していると思っていませんか?

ところが、鼻血の多くが、鼻の入り口付近から出血しています。

鼻の入り口から1センチほどの部分を「キーセルバッハ部位」と言います。

粘膜が薄いだけでなく、血管が網目のようにたくさんあるので、出血しやすいです。

そのため、鼻血が出たときは、鼻の奥ではなく入り口を止血してみましょう。

 

 

鼻血の正しい止血方法

鼻血が出た時は、慌てず落ち着いて対応することが大切です。

そこで、正しい止血方法を紹介します。

 

①まずは、鼻の入口(キーセルバッハ部位)をしっかりとつまむ

すぐに丸めたティッシュを詰めるのではなく、まず手で鼻を抑え止血することが大切です。(親指と人差し指でつまみます)

両方の鼻を抑えた出血が止まりやすいですが、ムリな場合は鼻血が出ている方だけでも大丈夫です。

小さな子供の場合は、嫌がることが多いので、ぎゅっと抱きしめてあげながら止血するとよいでしょう。

また、鼻の穴をつまみながら、丸めたティッシュやコットンを入れたほうが、止血しやすいです。

ただし、子供が嫌がる場合は、ムリに入れなくても大丈夫です。

 

②椅子や床などに座らせ、顔をやや下向きにする

顔を上にしてしまうと、出血した血が喉に流れていってしまいます。

鼻血が口の中に流れ込むと、気持ち悪くて吐き気をもよおしてしまうこともあるので、飲み込まずに吐き出させましょう。

 

③水で濡らした冷たいタオルや保冷剤などを鼻筋に当てる

鼻筋を冷やすことで、出血が止まりやすくなります。

 

5分~10分程度で鼻血が止まるケースがほとんどです。

20分以上経過しても鼻血が止まらない場合は、病院に連絡し相談することをおすすめします。

 

鼻血が20分以上止まらない場合は、病気かも!?

鼻の粘膜が傷ついたことがきかっけで鼻血が出た場合は、5分~10分程度で止血できるケースが多いです。

しかし、どんなに止血してもダラダラと鼻血が出る場合は、鼻の骨が折れていたり病気の疑いが考えられます。

そのため、病院をすぐに受診するようにしましょう。

また、鼻血が頻繁に出る場合も、受診し医師に相談したほうがよいでしょう。

 

 

鼻血が出たときは、落ち着いて対応しよう

子供が鼻血を出しても、慌てず対応しましょう。

鼻からポタポタと赤い血が出て一番びっくりしているのは子供です。

だからこそ、慌てるのではなく迅速に対応することが大切です。

動揺している子供を安心させ、正しい止血方法を実践してみましょう!!

「鼻血が出たときは、上を向いて頭の後ろトントンすると鼻血が止まる」と聞いたことがあるという方も多いかと思いますが、それは間違いです。

鼻血が出たときは、しっかりと鼻をつまみ、下を向いてじっとしていることが大事です!!

 

 

関連記事

WEBライティング実務士資格を保有しています

WEBライティング実務士

ブログランキング参加中です!!
よろしければ応援お願いします!!

子育て情報ランキング