3人の子育てママが、子育て経験や今まで経験したことや感じたことを紹介しています。

【授乳トラブル体験談】授乳で乳首が切れる原因と痛いときの簡単対処方法

授乳で乳首が切れる原因と痛いときの対処法

Last Updated on

母乳育児をしていると、「授乳で乳首が切れてしまった」「授乳するたびに乳首に激痛が走った」といった経験をされたことがある方も多いのではないでしょうか。

授乳するたびに乳首の傷が痛いととても辛いですよね。

そこで、ここでは乳首が切れてしまう原因と、実際に私が授乳で乳首ができてしまったときにやっていた簡単な対処方法を紹介します。

乳首が切れていたいという授乳トラブルに悩んでいる方は、ぜひ試してみてくださいね。

 

授乳で乳首が切れてしまうことに多くのママが悩んでいる

授乳で乳首が切れてしまうのは、初産婦さんだけではありません。

出産・育児経験のある経産婦さんにもよくある授乳トラブルです。

私には3人の子供がいるのですが、乳首が切れなかったことはありません。

授乳経験があっても、乳首が切れるというトラブルは避けられませんでした。

乳首が切れて痛いのは、自分だけかもしれないと不安になる方もいると思います。

でも、大丈夫。多くのママが乳首トラブルに悩んだ経験があるはずです。

 

授乳で乳首が切れてしまう原因

授乳で乳首が切れてしまうと、授乳するたびに乳首がジンジンして、とても辛いですよね。

でも・・・母乳育児をしていると乳首が痛くても授乳しなければなりません。

私は、乳首があまりにも痛くて、授乳することに苦痛に感じてしまったこともあります。

乳首の痛みは、ママにとって肉体的にも精神的にもかなりキツイものですよね。

では、どうして授乳で乳首が切れて痛みが出てしまうのでしょうか。

授乳で乳首が切れてしまう原因はいくつかあります。

 

・乳首を深く吸わせていない

授乳を始めて間もないときは、ママや赤ちゃんが授乳慣れてしていないので、うまく授乳できていないことが多いです。

そのため、赤ちゃんがおっぱいを吸う時に、乳首が口の中に深く入っていないことがあります。

赤ちゃんがおっぱいを浅く吸っていると、乳首に負担がかかりやすくなります。

そのため、乳首にかかる摩擦負担が大きくなり、切れてしまうのです。

授乳するときは、背筋をしっかりと伸ばした姿勢で、赤ちゃんが口を開けたときに、乳首を深く入れるようにするといいですよ。

 

・赤ちゃんがおっぱいを吸っているときに乳首を離している

赤ちゃんが一生懸命母乳を飲んでいるときに、おっぱいをムリに引っ張って離そうとしていませんか。

乳首を吸っている状態で赤ちゃんの口からいきなり乳首を離そうとすると、乳首に負担がかかり切れてしまうことがあります。

そのため、おっぱいから赤ちゃんを離すときは、タイミングを見極めることが大切です。

おなかがいっぱいになって乳首を吸う力が弱くなったときに、おっぱいを離すようにするとよいでしょう。

赤ちゃんが勢いよく乳首を吸っているときに母乳を終えたいときは、赤ちゃんの口にママの指先を少しだけ入れてみるのもおすすめです。

そうすると、赤ちゃんの口と乳首の間に隙間ができるので、おっぱいをムリ引っ張らずに離すことができます。

 

・赤ちゃんの歯が当たっている

赤ちゃんの成長とともに歯が生え始めます。

そのため、授乳するときに乳首に赤ちゃんの歯が当たり、乳首が擦れてしまうことも少なくありません。

また、歯の生え始めは、歯茎がむずむずするので、赤ちゃんが乳首を噛んでむずむずを解消しようとすることもあります。

ママが乳首を噛んで「痛い」と悲鳴を上げたのがおもしろくて、わざと乳首を噛む赤ちゃんもいるようです。

赤ちゃんの歯が当たることで乳首が切れてしまい痛みが出てしまうこともあります。

 

・搾乳するときに乳首に負担がかかっている

母乳の出を良くするために、授乳前に搾乳している方もいるのではないでしょうか。

また、母乳を保存するために搾乳することもありますよね。

その際、乳首を指で一生懸命押していませんか?

搾乳するときに乳首に強い力がかかることで乳首に負担がかかり、擦れてしまうことこともあります。

乳首にかかる負担を抑えるには、搾乳方法を見直してみるといいですよ。

搾乳するときのコツは、乳首の先端ではなく、乳輪に使い部分を押すことです。

押す方向を変えながら搾乳することで、乳首にかかる負担を減らせますし、母乳の出が良くなることもあります。

また、どうしても搾乳がうまくできない場合は、搾乳機を使うという方法もあります。

自分で搾乳するとどうしても指に力が入ってしまうので、搾乳し続けると乳首への負担が大きくなってしまいますが、搾乳機を使うことで負担を減らしスムーズに搾乳することできます。

 

・下着で乳首が擦れている

乳首が傷ついている状態で授乳したことが原因で乳首が切れてしまうことがあります。

授乳中は、赤ちゃんがおっぱいを吸っていなくても、自然とおっぱいが出てしまうことも多いです。

そのため、乳首が濡れた状態で下着が当たり、乳首が傷ついてしまうこともあります。

また、授乳していると、乳首が擦れてしまったり切れてしまったりことがあるのですが、下着をつけることでその状態を悪化させている場合もあります。

下着で乳首が擦れてしまっている場合は、母乳パットをつけてみましょう。

母乳パットが乳首を下着からカバーしてくれるので、擦れなくなります。

 

授乳で乳首が切れてしまったときに簡単対処法

授乳していると、乳首が切れないようしっかり対策していても乳首が切れてしまうことも多いです。

そのようなときには、痛みを軽減させる対処方法を知っておくといいですよ。そこで、私が実際に使用していたおすすめなアイテムや対処方法などを紹介していきますね。

 

・乳頭保護クリームを使おう

皮膚などに傷ができてしまったときは、治るまで触らないのがベストなのですが、授乳している場合は、授乳をストップさせるわけにはいきません。

乳首が痛いからといって授乳を辞めてしまうと、乳腺炎になったり、母乳が出なくなってしまったり・・・とさらにトラブルが起こってしまうことも十分に考えられます。

そのため、乳首が切れても授乳を続けるママが多いのですが、痛みに耐えながら授乳をすることはかなり辛いですよね。

そこで、おすすめなのが、乳頭保護クリームです。

【送料無料】ピュアレーン100(7g)3本セット★ご注意!メール便の場合は代金引換をご指定できません。メデラ正規品 PureLan100 Medela 乳首ケア 乳頭ケア ベビークリーム 赤ちゃんスキンケア 授乳

価格:3,300円
(2020/5/17 16:04時点)
感想(1519件)

私は、1人目を出産し入院しているときに乳首が切れてしまったんです。

慣れない授乳で一生懸命搾乳したり母乳を飲ませているうちに乳首が切れてしまいました。

あまりに痛いので、看護師さんに相談したら、メデラのピュアレーンを紹介してくれました。

これは、本当にすばらしいアイテムで、授乳前に乳首に塗るだけで乳首の傷が保護され、今まで授乳時に感じていた乳首の痛み軽減されます。

私の場合は、塗ることで痛みがほとんどなくなったので、まさに神アイテム!!

そのため、2人目、3人目のときも愛用していました。

成分は、羊の羊毛脂100%で、赤ちゃんの口に入れても安心です。

しかも、拭き取り不要なので、手軽に使用できます。

私は、乳首に痛みがあるときは、授乳前と授乳後にピュアレーンを塗っていました。

授乳後に塗ることで、乳首の傷を保護するだけでなく下着などの擦れも防ぐことができます。

これは私のイチオシアイテムです。

乳首が切れて痛い!!という方には、ぜひ使ってみてほしい商品です。きっと感動しますよ!!

 

・乳首が切れてしまったおっぱいを休ませる

授乳するときは両方のおっぱいを吸わせるよう産院で指導されている方も多いのではないでしょうか。

私の利用した産院では、片方5分ずつで2クール授乳するのが理想的だと言っていました。

でも、実際には赤ちゃんが授乳の途中でお腹がいっぱいになってしまったり寝てしまったりすることも多いですよね。

そのため、乳首が切れてしまったときは、切れていないおっぱいを優先させて授乳していました。

例えば、授乳するたびに両方のおっぱいを吸わせるのではなく乳首が切れてしまったおっぱいを1回ずつお休みさせたり、乳首が切れていないおっぱいの方から授乳するようにして、授乳時にかかる乳首の負担を減らします。

傷口の痛みがなくなるまで乳首が切れてしまったおっぱいをずっと休ませてしまうと、おっぱいがパンパンに張って大変なことになってしまいます。

張りによる痛みを感じたり乳腺炎になってしまったりするかもしれないので、ずっと休ませるわけにはいきませんよね。

そのため、乳首が切れてしまったおっぱいの授乳回数を減らし負担を軽減させるのもおすすめです。

 

・痛みが強すぎて授乳できないときの対処法

乳首の切れ方がひどいと出血したりぱっくり乳首が切れてしまいこともありますよね。

また、両方のおっぱいの乳首が切れてしまうこともあります。

痛すぎて授乳できない状態に陥ってしまうこともあるでしょう。

そのようなときはムリせず粉ミルクを使ったり、搾乳機を使って搾乳してみてはいかがでしょうか。

ムリをしながら母乳を飲ませたことで、傷口が悪化してしまうこともあります。

炎症を起こしてしまったり、菌が繁殖して膿が溜まってしまうこともあるようです。

症状が悪化すると薬を服用したり手術しなければならなくなったりして、母乳育児を諦めなければなりません。

せっかく母乳が出るのに、乳首が切れてしまったことが原因で授乳できなくなってしまうのは悲しいですよね。

だからこそ、ミルクや搾乳機を使っておっぱいを休ませるという方法もおすすめですよ。

メデラ スイング電動さく乳器(カーム付き)「正規品」★豪華選べるおまけ付き![メデラ 搾乳器 搾乳機 電動 さく乳機 medela 哺乳びん 授乳用品 母乳育児 ベビー用品]

価格:16,500円
(2020/5/17 16:18時点)
感想(1445件)

授乳時に乳首が切れてしまう原因や対処法を知って赤ちゃんとの授乳時間を楽しもう

授乳時に乳首が切れてしまうと本当に痛いですよね。

だからこそ、授乳で乳首が切れないよう授乳方法や搾乳方法などを見直すことも大切です。

また、乳首が切れたときの対処法を取り入れることで、痛みを軽減させることができます。

それでも症状が改善されないときは、医師に相談することをおすすめします。

赤ちゃんに授乳できる時間は限られています。

赤ちゃんの成長はあっという間で、卒乳するときは何だかとっても寂しいものです。

私の子供たちはすでに卒乳しているのですが、当時を振り返るととっても幸せな時間だったな、と思っています。

だって、赤ちゃんの顔を一番近くで見ることができ、赤ちゃんの温もりを自分の肌で感じることができるのですから!!

授乳できる時間は、とってもとっても素敵な時間です。

乳首が切れたときはものすごく痛いですが、痛みを軽減させる方法を取り入れ、赤ちゃんと幸せな授乳時間を過ごしてくださいね。

 

 

関連記事

WEBライティング実務士資格を保有しています

WEBライティング実務士

ブログランキング参加中です!!
よろしければ応援お願いします!!

子育て情報ランキング