ゴロコのつぶやき

復職するか退職するか 母親としての葛藤と選択 そんな私は仕事を辞めました  







これすごい!!

明太子でお馴染み やまやのだしパック 毎日の味が料亭のように!【博多の幸 うまだし】

これまで企業に属し育休を取得していた私
復職を検討するも、
やはり自分で子供の面倒をみたいという思いが強く、
長年勤めた会社を退職することにした

 

一番下の2歳になった息子を
未満児で保育園へ預ける方法もあったが、
上の子供2人をうまいこと産休・育休取得を繰り返し、
3歳の保育園年少の入園までは自分で面倒をみていたため、
未満児で預けることに抵抗があった

 

子供の小さいときは今しかない
成長を自分でみていたい
結局は、自分が子供たちから離れられなった

 

経済的には共働きのほうがいいに決まっている
将来、子供が大きくなれば、
やることがなくどうせ仕事を探すだろう

 

それなら今を我慢して
正社員のまま働いていたほうがいいのかもしれない
そう思った自分もいた

 

でも、お金で買えないものもある
逃したら戻れないこともある
それを失っていいのか
自分の人生の中での正解なのだろか・・・
とにかくいろいろと考えた

 

私も旦那のゴロオも
両親は共働きだった
そのため、お互いに祖父母が面倒をみていた

 

親がいなかった
幼い頃に抱いたこの記憶は大人に待った今でも消えることはない
決して悪いことではない
でも、どこかさみしかったという思いは強く抱いている

 

そんな自分たちが抱いたさみしい気持ちを
自分の子供たちにも経験させるのか・・・
そう思うと心が揺らいだ

 

正社員として働くことが働くということではない
子供優先で働くという選択肢もある
パートで働く女性が多いというのもその表れだ

 

学生時代、就職活動をし、企業に就職
転職したことは一度もない

学生時代にアルバイトをしていたが、
社会人として働いた経験は勤めていた会社しかない

 

本当に退職していいだろうか
正社員であること、
今まで積み重ねてきたキャリアを失っていいのか
会社を辞めた私に何ができるのだろうか
とにかく悩んだ

 

悩んだけど、結局考えることは同じだ
子供たちといっしょにいたい
子供たちの成長を一番近くでみていたい
学校から帰ってくるお兄ちゃんを家で迎えてあげたい
その気持ちが決して揺らがなかった

 

旦那のゴロオは最後まで私の選択に口を出さなかった
一度きりの人生なだから後悔しない選択をしたらいいと言った

 

そして子供たちを選んだ私
旦那は退職することに全く反対せず、
むしろ、子供のそばに私がいることに安心したと言った

 

退職すれば働かない限り無収入の私であるが、
その選択を後押ししてくれた

 

正直、最後まで会社を退職することに対しての迷い
正社員としての未練はあったが
いざ退職願いを提出したら気分がスッキリした

 

散々迷っていた気持ちがふっと消え
これで子供たちのことをそばでみていられると思うと
何だかほっとした自分がいた

 

長年勤めた会社を退職し、正社員を手離した私
そんな私にこれから何ができるだろうか
何か新しいことをしたい
子育てしながらも新たなことにチャレンジしたい

 

数年後、数十年後、私はいったい何をしているのだろう
そんな自分の将来がちょっぴり楽しみでもある

 

『ギフト教育』を学ぶと子育てがラクで楽しくなる

私のイチオシ!!

このセット、売れてます!!

飲むだけ簡単ダイエット【重ね発酵ハーブ茶】

明太子でお馴染み やまやのだしパック 毎日の味が料亭のように!【博多の幸 うまだし】






-ゴロコのつぶやき

© 2020 にこタイムズ