未分類

子供の24時間監視!!ケガで縫合手術した息子の24時間監視の幕開け



「こらっ!!」
「ダメダメ!!」

2歳の息子の24時間監視に余念がない
とにかくヒヤヒヤの連続だ

 

2歳のわんぱく息子
転倒し6針縫う大ケガをした

 

前歯が唇の下に刺さり、
その勢いで唇の裏側まで貫通するという大ケガなのだが・・・

 

ケガとの闘いは、
縫合手術後からが始まりだった

 

2歳の息子
縫った唇がどうにも気になるようだ
事あるごとに手を口に近づける

 

ちょっと目を離すと
手は唇の下や口の中
よくみると縫合した糸をつかんでいる

 

「やだ!!」
「やめて!!触っちゃだめ!!」

慌てて口から手を離すも
注意されたことに怒り、そのたびに泣き叫ぶ息子

 

諦めが悪いので、
何度も糸を触り引っ張ろうとする

 

そのたびにヒヤヒヤ・・・
縫合した糸がとれてしまったら傷口が開いてしまう
なんとしても阻止しなけでれば!!

 

徹底的に息子の監視が始まった
とにかく注意して息子を監視
どんなに怒っても口から手を離した

 

痛くないのだろうか・・・
大人なら、痛みで傷口を触りたくない

 

確かに縫ったところが気になることはわかる
触りたくなるものわかる
でも、ダメだ
絶対に我慢させなければならない!!
とにかく必死で阻止した

 

ところが・・・・

 

あっ!!!!!!
なんと、ふと目を離したほんのわずかな瞬間に、
縫合した糸を引っ張り抜いてしまった息子

 

息子の指と指の間をみてびっくり仰天!!
黒いて細い、絶対にここにあってはならない糸が!!

 

え~!!!!!
どうしよう・・・・

抜いたのは、唇の下の傷のもの
3針縫ったはずの糸の一番右側がない!!
そして、そこから出血していた

 

なんてこったい!!
また縫わなきゃいけないんじゃないの?
慌てて病院へ電話した

 

「そのままで大丈夫ですよ」
「明日、消毒で来てもらうのでその時様子をみますね」

電話でそう返答されたわけだが・・・
不安が過ぎる

 

本当のこのままで大丈夫?
傷口がまた開いてくるのでは?
しっかり縫っておかないと傷が残りやすくなるのでは?

 

縫った糸がとれたことで不安が大きくなった
不安は大きいが、医師がそれでいいというのならそれでいいのだろう
とにかく翌日の受診まで様子見することにした

 

2歳の子供だもん
触るなと言われても我慢できないよね・・・
傷口を縫合しているだなんてわからないよね・・・
気になるから触るよね・・・

 

これは大変なことになったぞ!!
抜糸は1週間後を予定している
それまでは、何とか阻止しなければ!!
これ以上、縫合した糸を抜かせるわけにはいかない!!

 

とにかく息子を24時間監視しなければ!
監視し続けるのってけっこうしんどいな・・・
縫合手術1日目にしてどっと疲れた私
親と子の闘いが始まった







-未分類

© 2020 にこタイムズ