3人の子育てママが、子育て経験や今まで経験したことや感じたことを紹介しています。

【乳腺炎かも!?】おっぱいのしこりや痛みを解消する方法

乳腺炎かも!?おっぱいのしこり解消法

Last Updated on

授乳中におっぱいにしこりができてしまったり、しこりの部分がジンジンと痛むことはありませんか。

それは、乳腺炎になりかけているサインです。

この記事では、乳腺炎になりかけている時の対処方法や私が乳腺炎になりかけた時の体験談を紹介します。

おっぱいにしこりがあったり痛みがあって「もしかして乳腺炎かも!?」と思ったらぜひ試してみてくださいね。

 

どうして乳腺炎になるの?

乳腺炎になりたくない!!と思っているママは多いのではないでしょうか。

私も、母乳育児をしていた時は、とにかくなりたくないと思っていましたが、乳腺炎になりかけたことが何度もあります。

悪寒や発熱、おっぱいが張って痛い、おっぱいが熱い・・・乳腺炎になりかけるととにかく辛いです。

症状が悪化し完全に乳腺炎になってしまうと、膿が溜まったり膿が溜まっている部分を切開したりしなければならなこともあるようなので、できれば悪化させたくないものですよね。

乳腺炎は、母乳育児をしているママなら誰もがなってしまう可能性があります。

どうして乳腺炎になるのかというと・・・

・母乳がドロドロしている
・乳腺の出口で母乳でふさがれてしまっている
・母乳が溜まってしまっている

これらのことが原因で、乳腺炎になりやすくなります。

例えば、赤ちゃんがぐっすり寝てしまい母乳の間隔が空いてしまったときや、母乳の飲みが悪いときなどにおっぱいにしこりができやすいです。

あとは、甘いものなどのカロリーの高いものを摂取しすぎてしまったときになどにも起こりやすいです。

 

自分でできるしこりの解消方法

おっぱいにしこりができてしまったり、しこりが痛む場合は、早めに対処することが大切です。

そこで、自分でできるしこりの解消方法を紹介します。

しこりを解消することで、完全に乳腺炎になってしまうことを防ぐことができるかもしれません。

 

・赤ちゃんに吸ってもらう

乳腺に詰まっている母乳を赤ちゃんに飲んでもらうことで、乳腺炎になりかけている症状を改善することができます。

おっぱいにしこりができたり、しこりが痛むのは、乳腺に母乳が詰まっている証拠です。

そのため、母乳の詰まりを解消することで、しこりをなくすことができます。

赤ちゃんに母乳を飲ませるときは、しこりの部分を乳首に向かって指で押しながら飲ませるといいですよ。

詰まった母乳を押し出すことで、おっぱいのしこりが解消されます。

私自身、おっぱいにしこりができたときは、しこりの部分を押しながら授乳していました。

しこりを押すときには痛みがあるのですが、赤ちゃんが母乳を飲むにつれ、痛みがなくなりしこりも消えていきました。

乳腺炎になりかけると、母乳が乳腺の出口で詰まっているので赤ちゃんが吸っても出にくいときがあります。

でも、赤ちゃんが諦めずに吸い続けてくれることで、乳腺を塞いでいた栓がスポッと取れたような状態になり、母乳が順調に出るようになりますよ。

 

・しこりをマッサージしてから搾乳する

乳腺が詰まっていると、搾乳しても母乳が出ないケースがあります。

これは実際に私も経験しており、いつもは搾乳すれば母乳がすぐに出るのに、乳腺炎になりかけた状態で搾乳した時はびっくりするほど出ませんでした。

おっぱいは痛いし、熱をもっているし・・・とにかく焦りましたΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

そんなときには、おっぱいをマッサージしてみましょう。

しこりの部分を軽くもみほぐします。

乳首の方に向かって、しこりの部分を指で押し流してみたり、くるくると指で円を描くようにマッサージしてみたりするといいです。

詰まった母乳が押し出され、搾乳したときに溜まった母乳が出るようになります。

でも・・・マッサージしただけでは症状が改善されない時もあります。

そのような時は、暖かいお湯やホットタオルでおっぱいを温めてからマッサージしてみてください。

おっぱいを温めたことで、搾乳したときに母乳が出やすくなることもあります。

 

・身体を温める水分を摂取しよう

水分の摂取量が足りなくて、母乳が詰まりやすくなってしまうことがあります。

赤ちゃんのお世話をしていると、ついつい飲み物を摂取することを忘れてしまいますよね。

そのため、しこりができてしまうことも多いです。

しこりを解消するためには、温かい飲み物を積極的に取り入れることが大切です。

例えば、温かいハーブティーやルイボスティーを飲みようにしてみましょう。

身体を温め、血行を良くしてくれるので、母乳の詰まりを改善することができます。

食事では、野菜たっぷりのスープで水分を取り入れるようにするのもおすすめです。

母乳がドロドロにならないために、日頃から多めに水分を取り入れるよう心がけるといいですよ。

 

乳腺炎にならないための予防対策

乳腺炎を防ぐには、日頃からおっぱいにしこりができないように対策することが大切です。

そこで、しこりができないように心がけるとよいことを紹介します。

 

・母乳を溜め込みすぎない

赤ちゃんが長時間寝てしまうなどの理由で、母乳の間隔があいてしまうことがあります。

母乳が溜まった状態でそのままにしておくと、あっという間におっぱいがパンパンに張ってしまい乳腺炎になりかけてしまいます。

そのため、適度に母乳を出すことが大切です。

赤ちゃんに母乳を飲ませる回数を増やしたり、授乳できないときは搾乳したりして、おっぱいがパンパンに張ってしまうことを避けることが大切です。

 

・食生活を見直そう

母乳育児をするうえで、栄養バランスの良い食事を取り入れることはとても大切なことです。

例えば、甘いものやジュースを摂取しすぎていませんか?

野菜不足ではありませんか?

そのような場合は、食生活を見直してみましょう。

野菜、肉、魚などをバランス良く食べるように心がけましょう。

とはいえ、赤ちゃんのお世話をしながら栄養バランスの良い食を常に摂取するのはなかなか難しいですよね。

そのようなときは、手軽に野菜が摂取できるアイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか。

私がおすすめなのが青汁で、毎日飲んでいました。

野菜は意識して食べるようにしてはいましたが、それでも野菜不足になりがちです。

そんなときに、青汁はとても便利なアイテムです。飲みやすいタイプもあるので、試してみるといいですよ。

 

・温かい飲み物を取り入れよう

気温が上がると、どうしても冷たい飲み物が飲みたくなります。

また、風呂上りなどには、冷たいものを飲んで身体をクールダウンしたいですよね。

でも、母乳育児中は、ちょっとだけ控えるようにしましょう。

冷たい飲み物で身体を冷やしてしまうと、血行が悪くなり母乳の出が悪くなってしまうことがあります。

私は、母乳育児中に、冷たいサイダーがどうしても飲みたくなり、そのまま1時間ほど寝落ちしてしまったことがあります。

起きたら、びっくり仰天!!

おっぱいがカチカチになり、しこりができていました。

痛みがだんだんひどくなり、搾乳するも母乳が出ず・・・

子供に飲ませようとしましたが、寝ぼけていてあまり飲まず・・・

乳腺炎になりかけてかなり辛い体験をしました。

これは、あくまで私の体験談ではありますが、甘くて冷たい飲み物は控えようと心に誓った出来事です。

温かいハーブティーやルイボスティーを飲むことで、身体を温めるだけでなく心をリラックスすることができるのでおすすめです。

 

・おっぱいをマッサージしよう

ブラジャーをつけたり寝たままの姿勢でいたりすると、おっぱいの位置が固定されてしまうので、しこりができやすいです。

そのため、おっぱいを少し張りだしたらおっぱいをマッサージしましょう。

手でくるくると回してマッサージしたり、おっぱいを上げ下げするのも効果的です。

肩まわしをしておっぱいを動かすのもよいでしょう。

マッサージを取り入れることで、乳腺の詰まりを防ぐことができます。

 

おっぱいのしこりを解消し、乳腺炎になるのを防ごう

母乳育児をしていておっぱいにしこりができるのは、乳腺炎になりかけているサインです。

そのため、完全に乳腺炎にならないよう、しこりを解消する方法を取り入れてみましょう。

また、しこりができないよう、日頃の生活を見直してみることも必要です。

ただ、しこりの痛みがひどく何をしてもしこりが解消されない場合は、乳腺炎になってしまっている可能性が高いです。

その場合は、産院に相談したり、診察を受けたほうがいいですよ。

我慢して悪化してしまうと大変なので、心配な場合は、病院を受診しましょう。

 

 

関連記事

WEBライティング実務士資格を保有しています

WEBライティング実務士

ブログランキング参加中です!!
よろしければ応援お願いします!!

子育て情報ランキング