セールス活動 営業スキル

効率よく営業活動する手段として手書きの手紙を書こう!!

営業活動を始めるうえで大切なこと
それは、実績を求めることではなく
まずはより多くのお客さまとの関係構築に努めることだと私は思う

 

そのための手段として
手書きの手紙を書くことをおススメする私
この方法は私が営業活動をしていた際に
最も有効的だった効率のよい活動方法でもある

 

では、いったいどんな手紙かというと・・・・

 

お客さま一人一人に宛てた手書きの手紙だ

「自分が担当であり、お会いしたい」
「大切なご資産の今後についてご提案したい」
そんな内容を踏まえて手紙を書く

 

大きな企業であればコンプライアンスの観点から
お客さまへの送付物、送付内容についても
厳格にフォーマットが提示されている場合のあるかと思う

 

でも、それを印刷してそのまま出すか、手書きで出すかは
選択できるはず

 

便箋、封筒についても、
決まった封筒を使うという規則がなければ
100均でかわいい明るい色の封筒を用意してもいいかと思う

 

ただし、この手紙を書くという営業活動は
かなり地道な作業である
多くのお客さまへ手紙を書くため、時間もかかる
でも、効果は抜群だ

 

なぜなら、多くの資産を預けたままになっている場合、

店頭金利もかなり低い」

「 このまま預金としてそのままおいておくのももったいない 」

何とかしたけど、その方法がわからない」

そう思っているお客さまも多い

 

では、何故大切な資産をそのままにしているのだろうか                                

 

「平日は仕事で銀行の営業時間内にいくことができない」                 

「特に用事もないので行くのが面倒 」

「誰を訪ねていけばいいのかわからない」

 「訪問されても何だかうさんくさい」

 「何をしたらいいのかわからない・・・」など様々な理由で預金をそのままにしてしまっているケースも多い

 

つまり、銀行に行くタイミングがつかめないのだ              

そして、それが預金がそのままになっている最大の理由ではないだろうか

 

住宅購入資金に充てるなど、目的がすでに決まっている資金でない限り

このままにしておくのももったいない」

「資産を増やす何かいい方法はないか

と少なからず思っているお客さまは多い                    

 

そう思っているお客さまに対して 何も行動を起こさないということは営業担当として非常にもったいないと思う

 

ではどうするか・・・

手書きの手紙を書く

手紙で来店誘致するのだ

 

-セールス活動, 営業スキル

© 2020 にこタイムズ