セールス活動 営業スキル

お客さまだって見抜いている!!手紙で来店誘致した際に失敗したこととは

営業活動において
手紙での来店誘致をおススメする私

 

そんな私も
実は、手書きの手紙を書くことに疲れた時期があった
手紙を書いてもお客さまの反応はイマイチ
書いても書いても終わらない手紙
手書きなので一度に出せる手紙も限られてしまう

もっと多くのお客さまに早く手紙を出したい
そうしたらもっとお客さまが来てくれるかもしれない
そう思うようになった

 

そんな時にズルいことを考えた
「手書きしたものを便箋にうまくコピーして送ればいい
 手書きで書いたようにみえるし効率がいい」
そう思い、これまでずっと手書きしていた手紙をやめ
手書きの内容をコピーした便箋に宛名だけは手書きし
担当のお客さまに送付した

またある時は、便箋にわざわざ住所や宛名を手書きするのが面倒となり
封筒も銀行の所定のものを使い、住所などは印字した

 

 

その結果はというと・・・
惨敗 見事に惨敗だった

 

手書きで手紙を送った場合に比べて
ほとんどお客さまからの反応がなかった
自分がズルい考えをして招いた結果がこれだった

 

やってみて初めて気づいた
やっぱり手書きの手紙でないとダメ
手書きで手紙をかくからこそ
お客さまの心に響くものがある
そう確信した

 

そして、それを決定づける出来事があった

 

ある日、半年以上前に手書きで出した手紙を持ってお客さまが来店された
そのお客さまが私にこう言った

 

「銀行の人から初めて手書きの手紙をもらってうれしかったんだけど
そのあと、コピーした手紙がきて残念に思ったよ
面倒になってとうとうコピーするようになったな」

 

返す言葉がなかった
まさにその通りだった
これまでずっと手書きの手紙を送り
その手紙を読んでくれていたお客さまに対して
コピーした手紙を送った自分が情けなかった

 

手書きの手紙を読んで
いつか時間ができたときに銀行の担当者のところに行ってみようかな
そう思ってくれているお客さまは必ずいる

一度の手紙でダメだったとしても、期間をあけて再度送り続けることで
「よし、行こう」
そう思ってくれるお客さまもいる

 

だからこそ、例え時間がかかったとしても
自分の手で気持ちをこめて書いた手紙を送ること
それがお客さまの心を動かすのだ、そう確信した

 

地道な作業ではあるが
コツコツ続けることで
いつかそれが成果に結びつく

 

お客さまは機械ではない
だからこそ、手紙だけに限らず
「お客さまの心に届く」
そんな営業活動をしていくことが必要であると私は思う

 

手紙での来店誘致
ぜひ一度試してみてください!!
おススメですよ!!

これはお得!!特別価格でもう一袋ついてくる!!

通販限定!!美白は早めのケアが大事!!

-セールス活動, 営業スキル

© 2020 にこタイムズ