子どもたちのあれこれ

男性用トイレの便器で6針縫うケガをしたお兄ちゃん③貧血で倒れた私を襲った悲劇

保育園の男性用トイレの便器でケガをしたお兄ちゃん
先生が傷口を確認し、傷口を縫うことになった

 

そんな私を突然悲劇が襲った・・・

 

お兄ちゃんの傷口と先生の「傷が残る」という言葉をきいて
血の気の引いた私

 

とにかくあくびが止まらない
止めようと思って必死でこらえるも
あくびが次から次へと出てくる

 

その様子をみていた看護婦さん
抱っこしていた娘を私に代わって抱き
私を隣の部屋へ行くよう誘導した

 

そんな最中
突然足に力が入らなくなりふらつく私・・・

 

貧血だ

 

あまりの衝撃が重なり
貧血を引き起こしてしまった私
看護婦さんに抱えられ
隣の部屋のベットで横になることとなった

 

ところが・・・
ふらふらになりながら
私の頭をよぎったある事実

 

これはまずい・・・
ベットに横になるわけにはいかない・・・
ゴロコ大ピンチ

 

そんな私のピンチを知る由もなく
看護婦さんは私をベットに寝かせ
ご丁寧に靴を脱がせてくれた

 

その瞬間・・・
終わったな・・・
そう思い、開き直った私・・・

 

実は、靴下に穴があいていたのだ!!

 

気に入って履いていた指圧靴下
穴があいていたのを知りつつ、
誰かにみせるわけでもないからまぁいいか・・・
そう思い、履き続けていた私・・・

 

「穴があいている靴下なんてやめなよ
そんなのを見られたら恥ずかしい」

「誰に靴下をみせる機会があるの
どうせ家で履いているだけだからいいじゃん」

 

ゴロオの忠告を無視し、
新しい指圧靴下を新調することなく
穴のあいた靴下を履き続けていた私

 

そんなゴロオの忠告が現実となってしまった・・・

 

お兄ちゃんのケガの連絡を受け
慌てて家を飛び出した私
穴のあいた靴下をはいていたことなんて
すっかり忘れていた・・・

 

お兄ちゃんのケガが引き起こした
私の悲劇・・・
看護婦さんはこの穴に気づいてさぞかし笑えたことだろう

 

恥ずかしい・・・
まさか穴のあいた靴下をみられるとは・・・
もう絶対に穴のあいた靴下は履かないぞ
そうベットに横になりながら
強く心に誓ったゴロコでした

 

その後、元気に私のもとへやってきたお兄ちゃん
一度も泣かず、6針縫ってきた
先生曰く、生え際の部分は痛みが少ないらしいが
それでも縫われるということは恐怖だ

 

肝心の母は、
お兄ちゃんの縫合中に
別室で穴のあいた靴下を披露し横になってた
なんとも哀れな結末だ・・・

 

1人でがんばったお兄ちゃん、
えらかったね!!
何とも頼もしい息子をもったものです

 

靴下に穴があいても
まだまだ履けると思っているあなた・・・

要注意です!!

思わぬところで
靴下の穴を披露することになるかもしれません




-子どもたちのあれこれ

© 2020 にこタイムズ