子どもたちのあれこれ

どう転んだんだ?男性用トイレの便器で6針縫うケガをしたお兄ちゃん①



この時間になんだろう・・・
何だかイヤな予感がする・・・

 

真昼間に突然私の携帯にかかってきた1本の電話
急いで携帯をカバンから取り出す
着信はお兄ちゃんの通う保育園だった

 

え?なんだろう
もしかして、元気に登園したお兄ちゃんに
何かあったのかな・・・

 

恐る恐る電話にで出る私
その電話は、お兄ちゃんの担任の先生からだった

 

 

今から数年前、
お兄ちゃんが保育園に入園してまだ間もない頃の話だ

入園したころは
毎日ママ、ママと私の身体にしがみつき
なかなか離れなかったお兄ちゃん

そんなお兄ちゃんもだんだんと保育園生活に慣れ
泣かずに通えるようになってきた

 

そんな矢先に保育園で事件は起きた お兄ちゃんが保育園でケガをしたのだ

 

 

電話に出た私に、慌てた口調で話す先生
自分でもただ事でないことが推測できた

 

「トイレの便器で頭を打ち、傷口が開いてしまっています
応急処置で止血していますが、傷が深いので
急いで病院に連れていっていただきたいのですが・・・」

 

イヤな予感はしていたが
まさかの内容

 

「え?何?どういうこと?」
私のほうがパニックになった・・・

 

一目散に保育園に向かった私
朝、元気だったお兄ちゃんが大ケガ・・・
どうしよう・・・
どうしよう・・・

 

とにかくパニックだった

 

病院はどこへ行ったらいいんだろう
これまで大きなケガをしたことがなかったので
どこへ行ったらいいのかわからない
どうしよう・・・
どうしよう・・・

 

パニックで頭がまわらない

 

そうこうしているうちに
保育園に到着した私
とにかく無我夢中で職員室に向かう

 

先生が玄関先で私の到着を待っていた
「こちらです」

職員室に入ってお兄ちゃんを探す私
ソファーのところで
頭のところにカーゼをつけたお兄ちゃんが
横たわっていた

 

「ママ~!!」
私の顔をみてにこっと笑うお兄ちゃん
ギャーギャ―泣いているかと思いきや
全くそんな様子がなく、おとなしく座っていた

 

その様子に何だか拍子抜けした私・・・
「お兄ちゃん、痛くないの?」
「う~ん、あんまり・・・」

 

お兄ちゃんが我慢強いのか、本当に痛くないのか・・・

 

「トイレに走っていったので危ないと思った矢先に
滑って転んでしまっって・・・
男性用トイレの便器の下の部分に頭をぶつけてしまい
切れてしまったんです」

 

ケガをした状況を説明する先生・・・

男性用トイレの便器?
便器の下の水などの飛び散りを防ぐ出っ張った部分?
子供用の小さな便器だとしても
どうしたらそんなところに頭をぶつけるの?

 

その状況説明に謎だらけの私
でも、そんなことを追求している場合ではない・・・
とりあえず病院に行かなきゃ!!

 

外科 近く外科はどこにある?
すると先生が保育園から近い外科に電話をかけ
診察できるか確認していれたという

 

先生ありがとう!!
急いで病院へ向かったお兄ちゃんと私でした

 

でも、どうしたら便器で頭を切るんだろう・・・
便器でケガするって・・・
お兄ちゃん、あんたいったい何したんだい・・・
そう思うゴロコでした

②へ続く




-子どもたちのあれこれ

© 2020 にこタイムズ