子供たちのイベント

我が家で増え続けるカブトムシ・・・①

 

最近、我が家ではカブトムシが急激に増えております・・・
毎晩、玄関からはブンブン飛んでいる音がします・・・
虫嫌いの私にとっては地獄であります

 

とにかく我が家で日に日に増えていくカブトムシ・・・
とにかく祭りといういイベントに繰り出していくと
カブトムシを連れて帰るハメになります・・・
まさに、カブトムシ地獄

 

初代のカブトムシは残念なことにオスたちが永眠され、
メスも数匹永眠されました

 

ところが、新メンバーが猛威を振るい
我が家にはわんさかカブトムシがいるわけです
その数・・・おそらく20匹超・・・
まさにゴロコにとって悲劇の夏です

 

なぜ、そんなに増えたのか・・・
これには深いわけがあります・・・
そして私自身の性格も
この問題を引き起こした大きな原因となっているのです

 

我が家には3人のわんぱくな子どもがおります
一番上のお兄ちゃんがもらえば二番目のお姉ちゃんも欲しい
さらに最近、自己主張の激しい一番下のチビくんも
欲しい欲しいという始末・・・

 

そのため、毎回もらうのは3人分・・・
おいしい食べ物や使えるものを3人分もらうなら
ラッキー!喜んで!!という感じなんですが
カブトムシを3人分・・・しかもオス・メスのつがい・・・

 

6匹!!そんなにいらんわい!!
でももらってくる・・・
まぁ、こんな感じで増えていくわけです・・・

 

 

じゃあ、断ればいいじゃん
この状況をみて毎回呆れた顔をしてこう言うゴロオさん

そうですね そうですよね・・・と思いつつ
断れない私・・・
むしろ100均の虫かごがタダでもらえてラッキーと思ってしまう

 

虫嫌いのくせに、虫かごをもらって喜んでいる私はアホですね・・・
そのアホな考えの結果、この異常事態に発展しているんです

 

最近は増えるスピードが加速しており、大ピンチです・・・

 

お祭りで開催されていたクラフト展をのぞきにいった私
クラフト展、けっこう好きなんですよね
手作りのかわいいグッズが売っていたり、自分で作れたり
最近はお姉ちゃんがかわいいりぼんのカチューシャやピンを作りました
世界でひとつしかないアクセサリー、ステキです!!

 

とふらふらと出店ブースをみていた私・・・
ふと目に飛び込んできたのが
「タダでさしあげます」という札!!

 

え?タダ?なになに?
と近寄る私・・・
タダほど恐ろしい・・・という言葉はまさにその通り
なんとそこにカブトムが!!

 

タダでもいらない・・・
しれっとその場を立ち去ろうとした私
ところが時すでに遅し・・・
私の後ろから子どもたちが顔を出し、
得意のかけ声「欲しい欲しい!!」

 

ブースのおじさんがニコッと笑ってこう言った
「えーよえーよ、もらっていきな!」
おじさん、そんなこと言わないでよ・・・
心の中でさけぶ私・・・

なのに口から出た言葉は
「ホントにいいんですか~?ありがとうございます・・・」
全然ありがとうじゃないじゃん
ちゃんといらないですって言えよ~!!
心の中で自分自身に怒る私

 

さらに悲劇が続く・・・
「オスもいたんだけどみんなもっていっちゃって
もうメスしかいないけどみんなもらっていきな・・・」
中をよくみるとメスのカブトムシがパックの中に3匹ずつ入っている

仕方ない・・・メスを3匹もらうか・・・
そう思っていたら、おじさんがこう言った・・・
「1人1パックあげるよ」
え?おじさん、何て言った?
耳を疑う私・・・まさか・・・

 

そのまさかだった
3人いるから3パック・・・
うそ!?

いやウソではない・・・
合計9匹のメスをいただいたゴロコファミリー・・・
ありえない・・・
喜ぶ子供たち・・・まぁ、子供たちが喜んでいるからいいか・・・
そう思ったのも束の間・・・

 

車に乗るとさっそく狭いパックの中で
ブンブン飛ぶカブトムシ・・・
ギョエ~・・・勘弁して~と悲鳴をあげる私
それをみて、自業自得です・・・と呆れているゴロオさん

タダほど恐ろしいものはない・・・
まさに自分で招いた悲劇だった・・・

 

そして悲劇はまだまだ続きます ②へ

 お肌をやわらげ、汚れを吸着、きちんと保湿!

気になったら今すぐクリック↑↑↑

-子供たちのイベント

© 2020 にこタイムズ