セールス活動 営業スキル

事務手続きを覚えことも営業を始めるうえで必要なことだ

営業を担当するようになると
大きなノルマが重圧となり、
何とかして実績を出そうとする

 

実績にとわわれて
手当たり次第、商品を提案しているあなた
一度このあたりでその方法を見直してみませんか?

 

上司からのプレッシャー
同僚が実績を上げるたびに焦る気持ちは十分わかる
でも、今のままでは実績はなかなか伸びない

 

もともと窓口の受付事務を担当していた私
セールスする気もなく、辞めたい辞めたいと思いつつ
窓口で毎日淡々とお客さまの事務処理をこなしていた

 

そのおかげで自分が営業担当になったときに
役に立った、困らなかったことがある

 

それは、お客さまの事務対応だ

自分は営業担当なのだから、
事務手続きの方法なんて覚える必要はないと思っているあなた、
それは大きな間違いだ

 

営業活動をしていくと
営業以外のことで事務手続きが必要であったり
お客さまから依頼されることが多々ある

当然、営業の知識しかない場合
その場で自分で対応することができない

必要となる書類の書き方を同僚に教えてもらい、後日対応するか、
同僚に同席してもらい手続きを行うしかない
簡単にできる事務手続きが自分で完結できないのだ

 

営業していくうえで
お客さまのとの円滑なコミュニケーションは必要不可欠だ
「銀行のことなら私に何でもお任せください」
調子のいいことばかり言っていても現実的には自分で解決できない

 

実際、私が事務受付をしていた時、
営業担当の同僚から事務手続きの仕方をよくきかれた
営業ならそのくらい自分でできるようにしろよ、毎回そう思っていた

 

入出金、公共料金の口座振替 振り込み、住所変更、改印など
とにかく銀行ではいろいろな手続きが行われている
当然、銀行を利用するお客さまも、
貯蓄目的以外にそのような目的で利用されることも多い

 

担当しているお客さまから依頼や手続きに関しての質問を受けることも多い
その時、迅速に対応できるかで
あなたに対してのお客さまの評価もかわってくる

 

「この人にならお願いできる」
数ある銀行のなかであなたの働いている銀行を選び
お客さまがあなたのことを担当者だと認めてくれる
営業マンにとってこんなにうれしいことはない
より深い関係が気づけている証拠だ

 

営業をするということは、窓口でのその場限りのお客さま対応とは違う
何度も何度もコミュニケーションを図ることで
お客さまがあなたの話をきいてくれるようになる
商品を提案できるようになったり
提案した商品を気に入って契約してくれるのだ

 

事務手続きを覚えても実績になるわけではないから
無駄なことだと思うかもしれない
その都度、同僚に手続きしてもらえばいい
そう思うかもしれない
でも、その事務手続きの対応も営業における必要なスキルだと思う

 

たかが事務されど事務だ
お客さまの事務手続きがスムーズにできいる営業は
仕事の効率もいい そしてできる!!

お客さまのニーズに銀行のことなら何でも応えられる営業マン
そんな営業マンをお客さまも求めているはず
簡単な事務手続きからまずは覚えよう!!
そこから営業に出ても遅くない!!

毎月先着500名限定でお得に購入!!

-セールス活動, 営業スキル

© 2020 にこタイムズ