子供の病気 子育て

特発性血小板減少性紫斑病(ITP)って何? うちの子供に出たITP症状【実例】  

先日、子供(6歳)が「特発性血小板減少性紫斑病(ITP)」と診断されました。

特発性血小板減少性紫斑病(とくはつせいけっしょうばんげんしょうせいしはんびょう)って何?

病名を聞き、パニックになりました。

そこで、ここでは、うちの子供が患った「特発性血小板減少性紫斑病(ITP)」がどのような病気なのか、どのような症状が現れたのかを紹介していきます。

これを読んで、思い当たることがある方は、早めに病院を受診しましょう。

 

 

特発性血小板減少性紫斑病(ITP)とは

 

特発性血小板減少性紫斑病とは、何らかの原因で血液成分の中の血小板だけが減少してしまう病気です。(血小板が壊されてしまう)

国の難病指定になっている病気です。

血液中の血小板が減少すると出血しやすい状態になるため、内出血による青あざができやすくなります。

ITPには、「急性型」と「慢性型」があります。

急性型は、子供(小児)に多く、風邪などのウイルス感染やワクチン接種などがきっかけで突然発症します。

6か月以内に回復することがほとんどです。

慢性型は、成人や高齢者(特に女性)がなりやすく、6ヵ月以上血小板の減少が続く状態のことを言います。

 

血小板が減少する原因

特発性血小板減少性紫斑病で血液中の血小板が減少する原因は、体内の免疫反応が過剰になっているからです。

何らかの原因で、体の中で血小板が不要なものだと判断されてしまい、攻撃されてしまいます。(壊していってしまう)

そのため、血小板が骨髄で生成されず、減少していってしまうのです。

 

特発性血小板減少性紫斑病の症状

血小板が減少すると、出血しやすい状態になります。

そのため、軽くぶつけただけで体にあざができたり、ちょっと強めに皮膚を触っただけで小さな点々の斑点が出てしまったりするのが特徴です。

以下の場合は、特発性血小板減少性紫斑病が疑われます。

・あざができやすい(青あざや紫斑が複数出ている)

・血が止まりにくい

・鼻血が出やすい

・口の中が荒れている(出血したりブツブツがある)

・生理がなかなか終わらない

血小板がかなり減少していると、命の危険です。該当する場合は、早めに診察してもらうことをおすすめします。

 

 

実際にうちの子供に現れた症状

子供の体の異変に気付いたのは、「あざ」がきっかけです。

日頃からわんぱくに遊んでいるので、体にあざがあることは決して珍しいことではありません。

子供なら、1つや2つあざがあってもおかしくないですよね。

ところが、病院を受診する数日前から「こんなにもどうしてあざができるの?」と思うほどたくさんのあざが体にできていました。

脚や腕、おしりに直径1~2センチほどの青あざが複数出現。

病院に行く当日の朝には、胸元に引っ搔き傷のような点々の斑点が一面に出ていました。

元気はあります。食欲もあります。

でも、身に覚えのないあざばかりが増えていきます。

さすがに不安になり、市民病院を受診することにしました。

そして、診察待ちしている間に何もしていないのに鼻血が出てしまい、怖い病気かもしれない・・・と不安になりました。

 

子供が「特発性血小板減少性紫斑病」と診断された理由

小児科を受診し、血液検査を受けました。

最初から特発性血小板減少性紫斑病が疑われていたわけではありません。

医師が子供の脚や腕にできているあざの位置をみて、子供にできそうな場所にあるのでそれほどおかしなあざではないと言っていました。

ただ、胸元の点々の斑点が引っ搔いた後のように見えるけどちょっと気になる・・・ということで念のため血液検査を受けることになったのです。

ところが、まさかの検査結果が・・・

「実は恐れていた結果が出まして・・・」

医師からそう告げられたとき、目の前が真っ白になってしまいました。

血小板の正常値は、15~35万ほど。

5万以下になると出血しやすくなり、2万以下になると鼻血が出たり紫斑(赤っぽい点々)が出やすくなります。

血液検査の結果、うちの子供の血小板の数値は、異常なほど減少しており1.6万しかありませんでした。

そのため、出血しやすく危険な状態であることが判明し、即入院になりました。

 

 

白血病との違い

子供のあざが気になり、実は病院に行く前にネットであれこれ検索していました。

検索すればするほどよくないことが書かれており不安になってしまったのですが、身に覚えのないあざが複数できている場合に疑われる病気の1つに「白血病」があることを知りました。

白血病も血小板の数値が減少し、出血しやすくなる病気です。

医師から血小板の数値の異常を告げられ、白血病という文字が頭を過ぎりました。

ただ、検査の結果をみると、うちの子供の病気は、おそらく「特発性血小板減少性紫斑病」で白血病ではないだろうとのこと。

その違いは、血液成分の数値です。

特発性血小板減少性紫斑病の場合、血小板(Plt)の数値だけが下がります。

白血病の場合は、血小板だけでなく、白血球(WBC)と赤血球(RBC)の数値も低くなります。

うちの子供の場合、白血球と赤血球の数値に異常がないため、白血病ではなく特発性血小板減少性紫斑病と診断されました。

 

特発性血小板減少性紫斑病の治療法

血小板の数値を正常に戻すため、薬を使った治療が行われます。

血小板の数値がかなり低く出血しやすい場合は入院治療が行われますが、症状が軽い場合は通院(外来)で治療していくことも可能です。

治療方法には、免疫グロブリン療法と免疫抑制療法があります。

 

免疫グロブリン治療は、点滴治療で12~24時間かけて薬を投与していきます。

即効性が期待できる薬で、薬が効けば数日で血小板の数値が上がってきます。

 

免疫抑制療法は、ステロイド薬を服用して治療していきます。

ステロイドを使用すると副作用が出やすいので慎重に治療していきます。

また、効果が出るまでに日数を要します。

 

免疫グロブリン治療を受けました

うちの子供の場合は、入院と同時に免疫グロブリン治療を開始。

ステロイドを使用すると副作用が出やすいため、まずは免疫グロブリン治療から始め、効果が出ない場合は治療法を変更していくという説明を受けました。

免疫グロブリン治療で効果が出れば、1度の投薬治療で血小板の数値が5万以上に上がるそうです。

半日以上かけてグロブリンを投与。

瓶に入っている薬を5本分、点滴で体内に入れていきました。

投薬中は、子供の体調に変化がないか看護師さんが頻繁に体温と血圧、心拍を確認。

血小板が極端に少ないため、腕で血圧を測定したら赤い点々の内出血ができてしまいました。

子供が治療を受けている姿をみて、とても辛かったです・・・

幸いにも、順調に治療が進んでいきました。

発熱や腹痛、嘔吐もなく、食事や睡眠もしっかりとれました。

投薬後も体調に変化はなく、無事に治療が終わりほっとしました。

 

グロブリン治療した結果

投薬後、1日あけて血液検査をしました。

その間、体調は良好。

入院当初は、青白い顔をしていましたが、顔色も普段通りで、相変わらず元気いっぱいでした。

血液検査の結果は、ありがたいことにグロブリン治療の効果が出ており、1.6万しかなかった血小板の数値が13万まで上昇。

医師からも「とてもよい結果が出ましたよ」と言われました。

血小板の数値が13万まで上がれば、退院してもよいレベルだそうです。

ただ、このまま順調に数値が増えていくかわからないので、2日後に採血して血小板の数値が回復していれば退院するという流れになりました。

そして、2日後に採血した結果・・・

血小板の数値が、40万まで上昇。正常値に戻りました。

入院して6日、退院の許可が出ました。

入院当初は、脚や腕、胸元にあざが複数あったのですが、退院することろにはあざがほとんど消えていました。

腕で血圧を測定しても、内出血しません。

入院当初の子供の体は、血小板がかなり減少しボロボロだったのだな・・・

あの時、様子見せず病院を受診して本当によかったな・・・と思いました。

 

治療後に必要なこと

投薬治療の効果が出て血小板の数値が回復したとしても、その後、数値が下がらないとは限りません。

そのため、定期的に血液検査を実施し、経過観察していく必要があります。

うちの子供の場合は、退院後1週間に1度採血して血小板の数値を確認していきます。

数値が下がらなければ、問題ありませんが、下がった場合は再度入院して投薬治療するとのこと。

血液検査を実施する間隔は、順調にいけば、数週間や1カ月おきになるようですが、半年~1年ほどは通院して検査していきます。

まだまだ先は長いですが、子供が順調に回復してくれることを願うばかりです。

 

身に覚えのないあざには要注意

あざが病気のサインであるケースは決して少なくありません。

特に子供の場合は、日頃からダイナミックに遊ぶのであざができやすいので、放置してしまいがちです。

でも、見覚えのないあざがいくつかあったり、ちょっとした衝撃ですぐにあざができてしまったりする場合は、要注意です。

気になる場合は、早めに病院を受診しましょう。

私自身、子供のあざを発見した時、病院を受診しようか迷いました。

このまま治るのではないか・・・とも思いました。

でも、もし病気で治療が遅れたらもっと大変なことになると思い、思い切って病院を受診しました。

診察を受け、何も問題なければ安心です。

万が一、病気が発見された場合は、早期に治療を受けることができます。

だからこそ、病院でしっかりと診察してもらいましょう。

 

-子供の病気, 子育て
-, , ,

© 2020 にこタイムズ