ゴロコのつぶやき

保険の必要性① 大切な家族がいるからこそ、将来の備えや安心を保険で準備しよう

たくさんある保険を一人で選ぶの?【保険見直しラボ】

あなたは将来に備えた保険に加入していますか?

 

結婚して子供ができて以来、
とにかく旦那のゴロオに言い続けてきたことがある

 

それは・・・
保険に加入するということ

 

危険なことにとにかくうるさいゴロオ
子供への安全対策には細心の注意を払い
安全対策を考案することが得意だ

これだけ危険なことにうるさいゴロオ
当然、将来の危険を回避する対策を万全にとっていると思うだろう

 

ところが・・・
目先の危険だけにとらわれて、
将来の危険や事故に対しての対策を一切用意していない

入っているのは火災保険や自動車保険、健康保険ぐらいなもので
万が一に備えた自身の保険というものに
全く加入していない

 

とにかく個人の保険に何も加入していないゴロオに
驚いてしまう

 

万が一、事故にでも遭ったらどうするんだ・・・
病気になったらどうするんだ・・・
将来、自身の身にふりかかってくるかもしれないことに
不安はないのだろうか・・・

 

高額医療制度あるから
万が一、病気や事故に遭ってもある程度保障される
長い間、掛け捨てで保険料を払うほうが損だ

 

当然、その考え方もあるだろう
それも正しい判断でもある

 

でも、そこでふと思うことがある
遺された家族について考えたことはあるか、
介護することになる家族について考えたことはあるか

 

保険という商品は
決して自身のためだけに加入し、利用するものではない
万が一のときに、
家族に遺すことができる
家族を守ることができる
それが保険としての最大のメリットでもあると思う

 

自分一人だけでは保険というものをそれほど重要視しないかもしれない
でも、大切な家族がいる
子供だったり親だったり、
はたまた保険に加入していない困った旦那だったり・・・
守るべき家族がいる

 

その家族のことを考えると
やはり保険というかたちで
将来の保証を備えることはとても有効的な手段なのではないだろうか

続きは②へ



FPに無料で相談できます!「ほけんのFP」


-ゴロコのつぶやき

© 2020 にこタイムズ