子どもたちのあれこれ

乳幼児のインフルエンザ予防接種 幼児のワクチン接種をどうするか・・・

毎年、この時期になると判断に迷うことがあります
それが子供のインフルエンザ予防接種

 

子供のインフルエンザ予防接種に対しての考え方は様々で
毎年接種させているという方もいれば、                  接種したとしても感染する可能性はあるので接種させないという方もいます

 

我が家では、
インフルエンザの集団感染を恐れて
集団生活をしている小学生のお兄ちゃんと
保育園に通っている娘には予防接種を受けさせます

 

お兄ちゃんの場合は、
保育園へ入園した年からインフルエンザ予防接種を受けています
しかし、ワクチン接種をしたにもかかわらず、
毎年、インフルエンザに感染しています・・・

ただ、幸いにも重症化することはなく
数日でメキメキと回復したため、
多少なりとも予防接種の効果があったのかな、とは思っています

 

上の子供たちのインフルエンザ予防接種については
迷うことなく受けさせるのですが、
判断に迷うのが1歳の一番下のチビです

 

幼児のインフルエンザ予防接種の判断に
ここ数年、ずっと迷い続けています

 

1歳未満の乳児については
免疫がつきにくいので接種はあまりお勧めしない、と言われています
かかりつけの医院では、0歳児の接種は受け付けていないため
接種の必要性が低いことはわかります

 

ところが、1歳、2歳、保育園入園前の3歳の幼児については
インフルエンザ予防接種に対しての情報があまりないので
判断にかなり迷います

 

幼児についても免疫がつきにくいので、
例え接種したとしても、効果があまり期待できないということもきいたことがあります

一方、幼児でも保育園にすでに入園していたりと
集団生活をしている場合は、
集団感染の危険があるため、接種を勧めている病院が多いようです

]

実際に、私も判断に迷い
かかりつけの病院に問い合わせをしました

 

やはり幼児のインフルエンザ予防接種を受ける方は少ないそうです
保育園などで集団生活をしている場合は幼児でも接種を勧めるが
そうでない場合はあまり勧めないとのこと
ただ、最終的な判断はお母さんにお任せします・・・と言われてしまいました

 

そんなぁ・・・
1歳の子供のワクチン接種に迷ったから電話したのに
かえってさらに迷うことになってしまいました・・・

 

どうしよう・・・
ネットでとにかく検索しましたが
これだ、という結論には至りませんでした

 

困ったあげく、最終的に相談したのが市の保健士さんです
お兄ちゃんの時から我が家の子供たちを担当してくださっている方で
子育てで悩んだ時にアドバイスしてくれます

 

幼児でもインフルエンザワクチンの接種をお勧めする

幼児がインフルエンザに感染した場合に一番恐ろしいことが
高熱によるインフルエンザ脳症や肺炎などの合併症
例え、抵抗がつきにくいとはいえ、
多少なりとも重症化を防ぐことができる

また、インフルエンザはどこで感染するかは予測ができない
そういったリスクから子ども守るために
インフルエンザ予防接種を受けることは意義があるのではないか

 

それが保健士さんからのアドバイスでした
最終的には親御さんの判断にはなるけど・・・ということでしたが
保健士さんの意見をきいて自分の中で納得した私

 

特に幼児のインフルエンザ感染による重症化は多いと報告されている
もし、そんなことになったら接種させなかったことを後悔するに違いない
子供をウイルスから守ることも親の役目
例え、効果が低くてもできることはやっておこう

 

1歳のチビにもインフルエンザ予防接種を受けさせる

これが悩みに悩んだ末の私の答えです



おいしくスッキリ!!

試す価値あり!!

-子どもたちのあれこれ

© 2020 にこタイムズ