子どもたちのあれこれ

我が家の小さな菜園ハンター 実は要注意人物です



我が家には小さな菜園ハンターがいる
2歳の息子だ

 

小さな菜園ハンターの日課は、
プランターに植えられた野菜たちの水やりから始まる

 

大きなバケツに深さ2センチほどの水を入れ、
「よいしょ、よいしょ」
一生懸命水を運ぶ

 

トマト、ミニトマト、ナス、オクラ、きゅうり、ピーマン・・・
我が家の庭ではこれらの野菜を育てているのだが、
小さな菜園ハンターはミニトマトにしか水をやらない

 

なぜなら、菜園ハンターの好物がミニトマトだからだ
自分が獲ってすぐに食べられるミニトマト
ミニトマトは菜園ハンターにとっては食べ物の宝の山だ

 

一生懸命、大きなバケツを傾け水をやる姿は
何ともかわいらしい
赤いトマトみつけると、
大喜びして収穫している

 

ところが、この小さな菜園ハンターは、
実は要注意人物だ
ちょっと目を離すととんでもないことをしでかす、
超悪ハンターでもある

 

小さな菜園ハンター、
プランターの観察を欠かさない
隅から隅まで見渡した後、
ちょこちょこっと動いたかと思うとその場に立ち止まる

 

ん?どうしたらのかしら・・・とのぞき込むと
ニヤニヤした顔で私の前に小さな手を差し出す

 

その手には・・・
小さなピーマン、緑色のトマト・・・

 

うっそ~!!
成長を楽しみに大事に育てていた野菜ちゃんたちが、
小さな菜園ハンターにより収穫されていた

 

ある時は、バケツの中に
緑色のミニトマトがたくさん!!

 

え~!!
これから赤く熟していくのに!!

 

とにかく収穫することが楽しいようで
熟してもいないトマトや小さなピーマンを次から次へと収穫してしまう

 

時にはきゅうりを収穫しようと苗ごと引っ張る
オクラとナスもそうだ
小さなハンターの力ではそれらの野菜はもぎ取れない
力任せに引っ張っぱって苗ごと抜かれてしまいそうだ

 

そんな今日も菜園ハンターは絶好調!!
小さな手いっぱいにもっていたのは・・・

 

な・な・な・なんと
小さな小さなピーマンたち

 

花が咲き・・・
やっと実となり始めていたピーマンの赤ちゃんたち
大きく成長するのを楽しみにしていたのだが・・・
小さな赤ちゃんピーマンが5つほど収穫されていた

 

「うっそ~!!」
「大きくなるのを楽しみにしていたのに!!」

 

収穫できる日を楽しみにしていただけに
ショックはデカい

 

でも、自分で収穫できたことを喜んでいる2歳の息子
小さな手で小さなピーマンを抱えてニコニコしている息子の顔をみると
何だかほっこりとした気持ちになった

 

収穫する喜びを経験できることはいいことだ
野菜を育て収穫することは子供にとってもうれしい経験なんだよね

 

ただ、大きくなってなるまで収穫しないでね・・・
そう心の中では思うのだが、
小さな菜園ハンターはそんなことお構いなし!!
収穫できるものは何でも収穫しちゃうのだ!!








-子どもたちのあれこれ

© 2020 にこタイムズ