退職 銀行生活でのあれこれ

私が退職時に受けた屈辱② 退職面談0分 退職者に費やす無駄な時間はない

ワンコインで試せるヒット商品!!

あなたもその一人かも・・・↓↓

続々と売れてます!!↓↓

私が退職時に受けた屈辱①の続き

 

「退職日はいつにしますか?」
「月末にしたほうがいいですか?」
「退職するあなたが退職した日でいいんじゃないですか?」
「では、〇月△日でお願いします」

「はい、ではこれ以上何も話すことはありません」
「・・・・・・」

最低な上司は私の目をみて話すこともなく、そのまま自分の席へ戻っていった

 

「え?何これ?」
想定外の出来事に唖然とする私

 

面接時間 0分
退職面談に行ったのに、とくに面談することもなくそのまま退職手続きをとることとなった
退職後の説明についても一切なし

 

あまりにも衝撃的すぎてその場に立ち尽くす私
その一部始終をみていた総務が慌てて近寄ってきた

 

「では、退職日を記入して書類に不備がないか確認しますね」
総務の人が何か言いたそうな顔をしていたが
ある程度推測できた
おそらく傲慢で最低な上司なんだろう・・・

 

おかしい・・・
これまで何度も銀行を退職する人を見送ってきた
その中には私のように育休後そのまま退職する人もいた

 

上司と別室で面談
本当に退職の道を選ぶのか
仕事を続けることはできないのか
そんな話をするのだと思っていた

退職の意思を確認し、惜しまれながらも辞めていく
「今までお疲れさま」
「元気でこれからがんばってね」
そう送り出されていく人を何人もみてきた
そして、それが当たり前だと思っていた

 

ところが・・・
全然違うじゃん!!
違うところが、こんなの屈辱だ!!

 

面接もない
退職についても説明もない
用のない人間は、まるで虫けらのように切り捨てる
こんなのありえない
あの態度、人としてどうかしている

 

職場へ出向くまでは、
仕事から離れることへの葛藤やさみしさがあったはずなのに
その気持ちはあっという間にどこかへ吹き飛び、
上司に対する大きな怒りへと変わっていた

 

最低な上司のおかげで私の銀行員人生が最悪な締めくくりとなってしまった
ひとつの踏ん切りがつくと思っていたが
上司の冷酷卑劣な態度で後味が悪い
まさに最悪だ

 

私の退職の花道はどこへいってしまったのか・・・
何だかやるせない気持ちでの退職となった

 

そうは言っても私にも人としての意地がある
どんなにムカついていても帰り際にはその上司に挨拶をした
「いろいろとご迷惑をおかけしました 失礼します」
「お元気で」
私を見ることもなくパソコンに向かってその捨てゼリフをはいたクソ上司

 

お前に「お元気で」なんて言われる筋合いはないわ
二度とあんたには会いたくない
イライラする気持ちを抑え、部屋を後にした

 

帰り際に、
昔から本部勤務をしている人から言われたことがとても印象的だ

「退職する人はみんなニコニコ笑顔で帰っていきます」
「いい選択しましたね」
なんとも重みのある言葉だった
上司のありえない態度に腹をたてていた私だが、
その言葉がものすごく心に響いた
私の長かった銀行員人生もこれで終わったな、としみじみと感じた

 

この人もあんな上司の下で働いていて、
毎日毎日きっと嫌な思いをしているんだろうな・・・
いつか笑顔で仕事ができる上司に巡り合ってほしいと心から思った

 

退職を銀行仲間に伝えた私
当時の上司や同僚から
「お疲れさま」
「これまでよくがんばったね」
「これから新しい人生のはじまりだね」
いろいろなあたたかいメッセージが届いた

 

最低な上司で終わった銀行員人生だったけど、
私には銀行で出会ったかえがえのないステキな仲間がいることを改めて感じた
銀行に勤めてステキな上司や同僚に出会えてよかったな、と思った瞬間だった

 

私も気になる ↓↓

 ワンコインでダイエット!!

 あなたもこの一人かもしれません・・・↓↓

  続々と売れてます!!10秒ケアが魅力的

-退職, 銀行生活でのあれこれ

© 2020 にこタイムズ