退職 銀行生活でのあれこれ

私が退職時に受けた屈辱① 退職者には用は無い 虫けら同然扱いをする上司 

 シリーズ累計3万箱突破!!

 楽天3冠達成!!売れてる置き換えダイエット!!

 大注目の売れ筋商品!!

「これ以上、何も話すことはありません」
この言葉で私の長かった銀行員人生は幕を閉じることとなった

 

何だろう・・・
あまりの衝撃的な言葉に返す言葉すら思い浮かばなかった

 

だから本部の人間は嫌いだ
よりによって最低な上司にあたってしまったものだ・・・

 

 

本部に籍を置いたまま産休・育休を取得していた私
そのため、退職手続は所属部署の本部で行う必要があった

 

会ったこともない上司との電話でのやりとり
それまでは、「何かわからないことがあれば何でも相談してくださいね」
親身なメールが送られてきていたが、
退職を申し出た時点でその上司の態度がかわった

 

電話で退職の意向を伝えた際、退職を止められるかと思いきや全くその様子はなく、
「仕方ないですね」の一言

 

育休を取得して退職した先輩や上司の話をきくと
人事部に呼ばれ、ネチネチ言われて嫌な気分だったときいていたので
あっさり了承してもらえたことに拍子抜けしていた

 

ところが、まさかこんな屈辱を受けることになるとは・・・
私にとっては想定外の屈辱的な出来事が退職時には待っていた

 

退職手続きをとりために、銀行の本部を訪れた私
緊張しながら部屋のドアを開けると、
何だか懐かしい雰囲気が目に飛び込んできた

 

数年前、私もここで働いていたかと思うと何だか懐かしい
そして、この場を訪れるのが今日で最後だと思うと
何だか寂しくも感じた

 

総務担当者に挨拶し、さっそく上司と対面することとなる
「この度は大変ご迷惑をおかけし申し訳ありません」
「はい、はいはい」
復帰せず退職することをお詫びすると、
何とも冷たくあしらうような態度をする上司

 

何、この人
ものすごい感じ悪すぎる・・・
これが上司へ抱いた第一印象だった

 

そのまま面談かと思いきや、
とりあえず手続きを進めるよう指示され
総務の人と確認しながら書類を作成していく

 

面談時間を過ぎてもそのまま最後まで書類を作成するよう指示され
もくもくと退職届なども書類を作成した

 

「不備があるとものすごく体力がかかるからミスがないように頼むよ」
近寄ってきたかと思うと、私ではなく隣にいた総務に私に対しての嫌味を言う上司

 

とにかく感じが悪い
この人、最悪だ・・・

 

そんな私の予感は的中する

 

書類を一通り書き終えたところで、
退職日を相談するため、総務が別室を確保しその上司へ面談を依頼した

 

すると面倒くさそうに席を立ち
私の席へやってきた上司

 

そしてこの後、
何とも腹立たしいやりとりがなされることになる

 

退職時に私が受けた屈辱②へ 続く

シリーズ累計3万箱突破!!

楽天3冠達成!!売れてる置き換えダイエット!!

一度使うとハマります 今売れてるスキンケア

-退職, 銀行生活でのあれこれ

© 2020 にこタイムズ