子供の病気 子育て

【体験談】入院するなら個室と大部屋どちらがおすすめ?個室と大部屋の違いを徹底比較 

入院時に選択しなければならないのが使用する部屋タイプです。

個室にしようか、大部屋にしようか・・・少々迷いますよね。

そこで、私(子供)が入院したときの経験をもとに、個室と大部屋の違いを紹介します。

これから入院される方で、どの部屋タイプにしようかと迷っている場合はぜひ参考にしてみてください。

 

子供の付き添い入院で迷わず個室を選択しました

先日、子供が入院しました。

その際、看護師さんから「部屋はどのタイプにしますか?」と聞かれ、料金表を提示されました。

その病院では、個室は1日あたり5,500円、2人部屋は2,200円、4人部屋は0円。(1万円以上する特別室もありました)

部屋タイプによって、こんなにも料金が違うのか!!と正直驚きましたが、迷うことなく個室を選択しました。

その理由は、個室の良さを知っているからです。

個室を使用すると入院費がどうしても高くなってしまいますが、大変な時だからこそ少しでも快適に過ごせる空間を求め個室を選択しました。

 

 

個室のメリット

個室を使うメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

そこで、実際に個室を使用してよかったことを紹介します。

 

部屋にトイレや洗面所が完備されている

個室には、トイレや洗面所が完備されています。

そのため、トイレなどに行きたいと思いたびに部屋を出て移動しなくてもいいので楽です。

また、共同ではないので清潔感があります。

病院には、さまざまな患者さんが入院しており共同スペースを利用するので、衛生面などが気になるところです。

個室なら、個室を使用している本人や家族しか使用しないので安心です。

 

プライベート空間を確保できる

個室の良いところは、他の患者さんのことを気にせず過ごせるところです。

2人部屋や4人部屋などの大部屋だと、どうしても同室になった患者さんのことを気にしながら生活しなければなりません。

例えば、迷惑にならないようテレビの音量を小さくしたりイヤホンで音が漏れないよう配慮する必要があります。

また、家族や友達がお見舞いに来てくれた時や携帯で電話連絡するときなども小声で話さなければなりません。

一方、同室の患者さんの声やいびきなどが気になって眠れないこともあるでしょう。

個室であれば、室内に他の患者さんがいないので、気を遣わなくてよいので楽です。

 

消灯や空調を自由に調整できる

入院中は、消灯時間が決まっていて21時~22時ぐらいです。

そのため、大部屋で過ごしていると眠たくないのに部屋の電気を消さなければなりません。(消されてしまう)

一方、個室であれば、自分で電気のスイッチを点けたり消したりすることができるので、消灯時間を過ぎての明るい部屋でテレビを見たり本を読んだりすることができます。

また、空調も自由に調節することができます。

夏場や冬場は、各部屋ごとに空調管理できるケースが多いです。

そのため、個室の場合は、自分の体調などに合わせて温度調節できるので快適です。

 

ソファーベッドが使用できる

個室のは、ソファーベッドが備え付けられています。

ベッドの上だけで過ごすのはとても窮屈です。

ソファーベッドがあれば、気分や体調に合わせて使用できます。

また、ソファーベッドは、付き添い入院する方にはとてもありがたい設備です。

大部屋に付き添い入院する場合は、子供の横に寝たり、簡易ベッドをレンタルしたりして対応しなければならないのですが、個室であればソファーベットで休むことができます。

付き添い入院は、精神的にも肉体的にも大変です。

個室でゆったりと体を休める場所があると非常に便利です。

 

 

大部屋のメリット

大部屋のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

大部屋を使用してみた時に感じたメリットを紹介します。

 

話し相手ができる

大部屋では、複数の患者さんが同じ部屋で過ごします。

そのため、同じ部屋で過ごしていることがきっかけで、会話が弾むこともあります。

入院中は、孤独や寂しさを感じることもあります。

1人で過ごすことに不安を感じる方は、大部屋のほうが合っているかもしれません。

 

助け合える

入院中に困ったことがあれば、ナースコールを押して看護師さんを呼びます。

ところが、ナースコールが押せない状況が起こってしまい場合があるかもしれません。

その場合、同室の患者さんがいれば、助けを求めることができます。

 

入院するなら個室がおすすめ

個室と大部屋には、それぞれのメリットがあります。

そのため、どちらの部屋が自分に合っているのか考えて選択するとよいでしょう。

個人的には、個室がおすすめです。

周りを気にしながら入院生活を送るのは、とてもしんどいです。

個室であれば、他の患者さんの物音や会話などが気になりません。

消灯も自由ですし、空調も自分の体調に合わせて調節できます。

先日、子供の入院で個室を使用しましたが、ソファーベッドが使えたので看護で疲れた体を休めることもできました。

使用するためには料金が発生してしまいますが、その分、快適な空間で過ごすことができるのでおすすめです。

 

 

加入している保険で個室代をカバーできる

加入している保険によっては、入院時の保険金が請求できるため、個室代に充当することができます。

入院すると1日あたり5,000円の保険金が支払われるものなど、さまざまなタイプの保険があります。

私も子供も保険に加入しており、入院時には保険金が請求できる内容になっています。

そのため、個室代は高いですが、保険に加入している分、トータル的な負担額を抑えることができました。

万が一に備えて入院時に保険金が出る保険に加入しておけば、個室代の負担を減らすことができるのでおすすめです。

 

-子供の病気, 子育て
-, , ,

© 2020 にこタイムズ