我が家での事件

やだ!どうしよう!!母ちゃんのヒヤヒヤ事件簿



「え?やだ!!」
「え?どうしよう~」

我が家で起きた思わずヒヤヒヤする出来事
思い出すだけで恐ろしい・・・

 

小学2年生の息子、
金曜に学校から魚などの生き物を持ち帰ってきた

 

学校の授業で川へ生き物を獲りに行った息子
前日から網やバケツ、エサや罠を用意し、
とにかく楽しみに出かけて行った

 

その結果・・・
どうやら大量の魚などが捕獲できた様子

 

学校で用意された小さな虫かごの中には
・ハゼやらよくわからない魚が5匹以上
・小さな川エビが2匹
・小さなカニが2匹
水槽代わりの虫かごの中に入っていた

 

「なにこれ!!これどうするの?」
「土日に死なないようにお世話をしてまた学校へ持っていく」

 

え~!!
なんと週末の宿題が魚たちの世話だという

 

うっげ~
こんなにいっぱいどうするりゃいいんだ~!!
何とも嫌な予感がする・・・

 

これまでいろいろな魚を飼ってきた我が家
どうがんばってもすぐに死なせてしまう

 

そんな我が家へ来たことを知る由もなく、
虫かごの中で元気に動いている魚たち
そんな魚たちをみて息子もご機嫌だ

 

死なせたら大変だ
とにかく何とかして週末生き延びてもらわねば!!
親の私のほうが必死だ

 

息子が帰宅し1時間後・・・
虫かご水槽の見回り、異常なし
ひとまずほっとした

 

とくにかく死なせるわけにはいかない
エサはいるのか・・・
水はこのままでいいのか・・・
とにかく旦那のゴロオが帰ってきたら考えよう・・・
そう思っていた

 

ところが、早々にまさかの大ピンチが!!

 

水槽をふとみると・・・

 

「あれ?」
「え?やだ!!」
「え?どうしよう~」

 

プカプカと浮いている魚
生きているかと思いきや、
腹を上にしてプカプカと浮いている

 

この状況・・・
以前にもみたことがある

 

以前、小さな鯉を飼った時の話だ
プカプカと1匹浮き出したと思ったら
次から次へと浮き出し、バタバタと死んでいった

 

この状況に似ている
あの時のヒヤヒヤ感と同じだ

 

息子を大声で呼びつけ、
2人で慌てふためく

 

「ママ、どうしたらいいの?」
「ママ、どうしよう~」

 

息子よ、
母も同じ気持ちだ

 

「どうしよう~」
「どうしたらいいの?」
心の中で叫んだ

 

鯉がプカプカ浮き出したときには、
困り果ててエサを大量にやってみた
そしたら旦那のゴロオに怒られた

 

エサはダメだ
水か!!
水を入れかえよう

 

そう思い、水槽を持った私

 

「あれ?」
「え?うっそ~?」
またもや驚きの事態が発生!!

 

下にいると思っていた魚たちが、
持ち上げたとたん、一気にプカ~っと浮き上がった
どうみても泳いでいるのではなく、水の上下で浮き上がった感じだ

 

「やだ~!みんな死んでる~!!」
息子の帰宅後、2時間も経たない間にバタバタと死んでしまった魚たち
エビもカニもその後、あの世へと旅立ってしまった・・・

 

悲しそうな顔をする息子
世話をして学校へ持っていくどころか、
世話しないうちに全滅だ

 

「宿題どうしよ~」
途方に暮れる息子
ショックはかなりデカイ様子

 

どうしようね・・・
どうしようね・・・
というわけで、週末の宿題は魚たちのお墓を作ること、に勝手に変更した

 

そして、空の虫カゴを持ってトボトボと出かけた息子
何だかかわいそうな気持ちになった

 

さすがに今回の宿題はキツイな
子供だけでなく親までもヒヤヒヤさせらるだけでなく、
子供の心が深く傷つく宿題でもあった







【ファンケル】通販限定!4週間分でお試し1,000円!

リング式フォトブック作成1冊680円。写真やテキストなどアレンジ自在でwebで簡単作成!

-我が家での事件

© 2020 にこタイムズ