ゴロコのつぶやき

当て逃げ被害 目撃者がいた!! まさかの目撃情報に衝撃が走る






当て逃げ被害に遭っていた私
そのことに全く気付くことなく車を運転していたのだから
自分でも驚いてしまう

 

当て逃げは泣き寝入りになることが多い
被害届を提出したものの、犯人が見つかる可能性が低い
まさかの被害に腹の虫が収まらない

 

 

そんなある日、
犯人特定につながる希望の光は突然やってきた!!

 

ある所で当て逃げされたことをペラペラ話していた私
その話をきき、ある人が声をかけてきた

 

「私、車にぶつかっているところを見ました」

「え?」

「車は白色の〇〇ですよね」

「そうです!!」

突然の目撃情報に驚きを隠せなかった
まさかこんなところで当て逃げされていたとは!!

 

そこはたまに子供を連れて顔を出していた児童施設だった
なんとその施設を利用しているときに当て逃げされていた

 

目撃したママによると、
目撃したのは、ちょうど施設から帰る時だったという

 

犯人はその日初めて施設を利用した人で、
駐車場がわからず車を仮止めし、施設まで場所を確認しにきた
子どもを施設に残し、所定の駐車場に車を移動させようとした犯人
車をバックさせた際、後方に駐車してあった私の車にぶつかったという

ドーンという大きな音が鳴ったため、
犯人は慌てて降りてきて、ぶつかった場所を確認していた
確認し、施設へ戻っていったので
てっきり事故のことを伝え対応したものだと思っていたという

 

なんということだ!!
目撃者であるママの話をきき、
私だけでなくそこにいた全員が唖然とした

 

当て逃げをした犯人は
何食わぬ顔をしてこの施設に戻り子供を遊ばせていた
3歳以下の子供しか遊べない施設であるため
利用者も多くない
ということは、犯人とは知らずいいっしょに遊んでいたことになる

 

え~!!信じられない!!
驚愕の事実だった
しかも、事件後も数回この施設に来ていたという

 

どういう神経をしているんだ
当て逃げしたにもかかわらず、
平気な顔でこの施設に来ていたというのだ

 

許せない・・・
あろうことか、
同じ小さな子供がいて同じ場所で遊んでいる人が犯人だなんて・・・
何とも言えない感覚だった

 

グレーのセダン
これが犯人の車だ
そして、犯人が間違いなく特定できる確証がみつかった

 

これで当て逃げ犯が見つかる
そう思いほっとした私
ところが、現実はそんなにあまくなかった
思わぬところで犯人特定を阻止されてしまったのだ

 

悔しい
とにかく納得がいかなかった

 

続く・・・

 

ベストオブコスメ 第1位 売れてます!!

おいしいから続けられる!!

保険の見直し、まずは無料診断!!


-ゴロコのつぶやき

© 2020 にこタイムズ