子どもたちのあれこれ

学校のテストを隠す息子 テストの隠し場所にびっくり仰天



小学2年生の息子が、
学校のテストを隠していた

 

隠し場所にびっくり仰天
よくそんなことを思いついたものだと感心するほどだ

 

気づかないわけだ
ランドセルにも入っていない
連絡袋にも入っていない

 

「テスト返ってきた?」

「まだ」

 

テストをやったはずなのにおかしいな・・・とは思っていたが、
なかなか持ち帰ってこない息子

 

そうこうしているうちに、
後からやった他のテストを持ち帰ってきたりして、
持ち帰ってこないテストの存在をすっかり忘れてしまっていた

 

そんなある日、
息子が学校に忘れ物をした

 

学校まで車で行き、そこからは一人で教室まで取りに行かせたが
忘れ物が見つからない、と戻ってきた

 

そんなバカな!!
ないと宿題に困るだろ!!
というわけで、息子に付き添い、私も教室へと出向いた

 

息子の机の中をのぞいてびっくり仰天
机の奥には、プリントがぐちゃぐちゃになって入っている

 

「なにこれ!?」
「何でこんなに汚いの!?」

 

息子の顔が曇り始めた
なにか他にもまずいことがあるに違いない

 

机の中からぐちゃぐちゃになったプリントを引きずり出し、
横に入っていたお道具を開けようとしたところ

 

「ここにはない」
「ここは見なくていい」

息子が必死でお道具箱を隠した

 

おかしい・・・
絶対に何かあるな・・・
息子の手をはらい、お道具箱の中身を確認した

 

「なにこれ!!!!!」

 

まさかの出来事にびっくり仰天
点数の悪いテストが2枚、お道具箱の中から出てきた

 

(; ・`д・´)
「これは何ですか!!!!!!」

 

(>_<)
「点数の悪いテストです・・・・」

 

「何でこんな所に隠していたの?」

 

「ママに怒られると思って・・・」

 

テストの点数が悪いと私に怒らると思ったようで、
怒られないようにお道具箱に隠していたという

 

確かに・・・
テストの点数が悪いとガミガミ怒っている

 

息子の場合、
わからないのではなく、凡ミスが多い

 

計算間違い
単位のつけ忘れ
漢字が汚くで飛び出ているなど
気をつければクリアできるミスばかりだ

 

だからガミガミ怒るのだが、
息子にとってはかなりの恐怖のようだ

 

隠すようになったのは私のせいか!?
テストのことで怒りすぎたか・・・

 

これはまずいな・・・
怒るのを少しの間、控えたほうがいいな・・・

 

さすがに隠ぺいという最低の悪知恵だけは阻止しなければ!!
テストを隠すような子供になっては困る!!

 

テストの点数が悪いことよりも、
テストを隠しているほうがよっぽど悪い

 

間違えたら、いっしょにどうして間違えたのか考えよう
間違えをしっかりと理解することが大切だ

 

「とにかくどんな点数でもこれからはすべて持ち帰ってきなさい!!」

 

激怒したいところではあったが、
ここで怒れば今度は何をしでかすかわからない
そう判断し、冷静に対処した母でした

 

テストの点数が悪くても、
とりあえず持ち帰ってきたことをまずは褒めてやろう
ガミガミ怒るのは息子にとってマイナスのようだ

 

無料資料請求のチャンス!!↓↓

【こどもチャレンジ】

【進研ゼミ小学講座】

【進研ゼミ中学講座】

【進研ゼミ高校講座】



-子どもたちのあれこれ

© 2020 にこタイムズ