セールス活動

支店で営業の担い手を支援する仕事③ セールス担当者の悩み

 

セールスが嫌いで辞めたいと思っていた私が 営業の担い手の支援担当となり
いくつか共通した悩みがあることを感じた私

 

セールスが嫌い
銀行に入ってこんな仕事をするとは思っていなかった
営業なんて知識がないのに自分できるか自信がない
こんな悩みが多かった
まさに私と同じだった

 

どうしたら自信がもてるか
自信をもってセールスできるか・・・

 

それはやっぱり商品を好きになることが一番
とりあえず、一つでいいから自分が好きだと思える商品をみつける
それが自信をもってセールスできるようになるコツだと思う

 

でもね、それよりももっと重大な悩みを若い担い手が抱えていることを知った

 

コミュニケーションの仕方がわからない
どうやってお客さまと話をしたらいいのかわからない

 

営業方法どころか
お客さまと話をするための基礎がわからない
だからセールスの声かけすらできない・・・と悩んでいたのだ

 

 

コミュニケーション能力
これは人と接するうえで必要なものであり
接客業を主とする銀行業務にとっても必要不可欠なことだ

そもそもコミュニケーションが苦手なのに
なぜ、銀行での仕事を選んだんだ・・・
今までどうやって人と接してきたんだ

そう思うわけだが、
現代の若者だとその悩みをかかえる人が多いのかもしれない
伝達手段はもっぱらメール
面と向かって話す、という機会が昔と違って少なくなっている
だからこそ、初対面の相手に対しての会話の仕方がわからないわけだ

 

どうしたらいいだろう・・・
営業支援どころか接客方法についていっしょに考えて実践していく必要があった

 

コミュニケーションの仕方なんて
今まで教えたことがない
でも、人とのコミュニケーションを上達させるためには
実践しかないんじゃないか・・・
自分から声をかけて会話をする、それを積み重ねていくしかない・・・
そう考えた私

 

自分がセールスをはじめて間もないころ、
どうしていたんだろう・・・考えてた
私自身お客さまとの会話がうまくできなかった
どうやって声をかえたらいいのか、わからなかった
そんなときにやっていたことがある

 

それを実践で練習したらいいのかも・・・
そう思い営業の担い手に伝えたことがある

 

それがこれからお話する
「コミュニケーションの上達のコツ」

 

あくまでも個人的に考えた方法なので それが正しいいかはわからない でも、コミュニケーションが苦手だな、と思うあなたには
試しにぜひ一度実践してみてほしい
少しは初対面の相手とのコミュニケーションに
抵抗がなくなるかもしれないよ!!

 

期間限定のお買い得!!急いでチェックしてね↓↓↓

-セールス活動

© 2020 にこタイムズ