ゴロコのつぶやき

髪の毛の危機的状況 私の髪の毛が悲鳴を上げている理由



最近、私の髪の毛が危機的状況に陥っている
抜け毛がとにかく多い・・・
髪の毛が完全に悲鳴を上げている

 

とりわけ風呂上りの抜け毛が目立つ
ドライヤーで髪を乾かした後、
床をみるとけっこう抜け毛が落ちている

 

今までそんなことなかったのに・・・
髪の生えかわり時期なのだろうか・・・
抜け毛の量が気になる今日この頃だ

 

このまま剥げていくのか・・・
いや、年齢的にはまだ早い・・・
まだまだアラフォー女
こんなところで髪の毛の悩みに直面している場合じゃない

 

必死で原因追及をする私
なぜこんなにも危機的状況になっているのだろうか・・・
シャンプーが合わないのか・・・
ストレスで抜け毛が多くなったのだろうか・・・

 

抜け毛が多いとけっこう心配になるものだ
とにかくいろいろと考えた

 

そんな私に一つ思い当たることがある
これが抜け毛を引き起こしている大きな原因ではないか・・・
ちょうど時期的にも合致する

 

その出来事とは・・・

 

「痛い・・・」
「いたたた・・・」
「痛いってば!!」

 

私の髪の毛が悲鳴を上げている
毛根が地肌から抜けまいと必死で耐えている

 

「痛い・・・
「痛すぎる・・・」
「もうやめて~!!」

 

必死で抵抗する私
このままでは私の髪の毛が危ない!!
そう危険を感じるほどだ

 

そんな私の髪の毛を脅かしているのが、
4歳の娘だ

 

自分で何でのやりたがる年代
そんな彼女のブームは、
人の髪の毛をいじること

 

ヘアゴムを手に握りしめ、
事あるごとに私の髪の毛を縛ろうとする

 

背後から迫り、
ガシッと髪の毛をつかみ取ったと思ったら
グイっと引っ張る

 

引っ張ったと思ったら
今度はヘアゴムで縛ろうとする

 

ヘアゴムの上手に使いこなせないため、
髪の毛を上下左右好き勝手引っ張り
何とかゴムで縛り上げようとする

 

ゴムに絡まる髪の毛
勢いよく引っ張られる髪の毛
私の髪の毛から悲鳴が上がる

 

「痛い・・・」
「これ以上、引っ張らないで!!」
「やめて~!!」
その繰り返しだ

 

髪の毛をいじりたい年代なのだろう
髪の毛を縛ってあげたい
普段、私が娘にしていることをマネしてやりたがっているわけだ

 

やりたいよね・・・
やるのも勉強だよね・・・
そう思い、やらせていたわけだが、
どうやらその代償が抜け毛となり顕著に表れている気がする

 

実際、
娘が私の髪の毛をいじらなかった日と
髪の毛をいじりまわした日とでは抜け毛の量が違う気がする

 

これは危険な兆候の表れだ
娘の好奇心につきあっていることで
私の髪の毛が危機的状況に陥っている

 

これ以上は危険だ
そうヒシヒシと危険を感じる私
髪を引っ張られるダメージは想像以上に大きいな・・・
自分の抜け毛をみてそう感じる私でした









無料登録でレストランやカフェから招待状をもらおう!
お気に入りのお店が見つかる レポハピ

-ゴロコのつぶやき

© 2020 にこタイムズ